プロフィール

中学高校の英語教育では話せるようにならなかった、普通の日本人です。受験で、海外旅行でと、当然のように英語では苦労し続けました。

子供たちは日英バイリンガルです。父親が英語圏出身者で学校も現地校なので英語は問題ありません。ただし、日本語の習得には苦労しました。

バイリンガル育児を始める際、専門書は読みませんでした。手探りで、子供たちの語学力アップに必要だと思われること、大切だと思われることを選び、実行してきました。自己流だったので、今振り返れば、無駄な時間や出費も少し出てしまったと思います。しかし、実際にいろいろとトライし、子供たちがバイリンガルとなっていく過程を目の当たりにしたことで、バイリンガルに育てるうえで「本当に大事なこと」「実はなくても大丈夫なこと」が何なのか、見えたように思います。

わが子以外にも、英語と日本語を習得していく子、結局1つの言語だけしか話したがらない子など、何人も見てきました。バイリンガルにならないことを選んだ子供たちには何が不足気味だったのか。その子の性格や親子関係、家庭環境など、さまざまな要素が複雑に絡み合っていると思うので一概には言えませんが、今なら多少は原因を推測できるような気がします。

小学校での英語教育が始まり、グローバル化が進んでいます。どうしたら子供たちが楽しく英語を学び、それを使ってコミュニケーションが取れるようになるのか。自らの英語苦労体験、そしてバイリンガル育児での経験をもとに、方法を考えたいと思います。