いつから?子供の英語教育を始めるベストタイミング

「英語を子供に教えるなら、時期は早ければ早い方がいい」

こんな話を聞いたことはありませんか? 確かに、それは間違いではないと思いますが、はたしてどの子供にも、万人に共通して同じことが言えるのでしょうか。そこで、いつ頃から子供の英語教育を始めるべきか、それを親は何を基準にして判断すべきかについて考えてみます。

あなたが子供に望む英語力の「具体的ライン」を考えよう

義務教育では英語が身につかなかったと感じている人は多いと思います。仕事で外国の人に英語で話しかけられて理解できなかったり、海外旅行で英語を話しても通じなかったりと、苦い経験をした人もいるでしょう。

グローバル化が進み、小学校での英語教育が進む今日、我が子にはそんな思いをさせたくないと考えるのは当然の親心。しかし、実際にいつ子供の英語教育をスタートさせればいいのかは、悩むところです。

とにかく英語を話せるようになってほしいのだけど?

その「英語を話せる」をもっと具体的にイメージしてください。

一口に「英語を話せる」と言っても、いろいろなレベルがあります。例えば、

  • 発音も、英語で考えて話すスピードも、ネイティブ並みになってほしい
  • ネイティブ並みの発音だけはしっかり身につけておいて、英語で考え話す力は、成長してからの自分の努力で磨けばいい
  • 発音はほどほどでいいので、英語で考え話す回路を頭の中にしっかりつくっておいてほしい
  • 発音はほどほどでいい。英語で話すことが楽しいと思えるようになってほしい
  • 小学校での英語授業に楽について行けるような英語力を身につけてほしい
  • 中学校の受験科目になったときに慌てないよう、英語を得意科目にする下地をつくっておいてほしい

このように、子供に望む具体的な「話せるライン」はそれぞれ違うと思います。まずは、保護者であるあなたの中でそれを明確にしてください。

うちの子供はいつから始める?英語デビューの年齢を考える

何歳から子供の英語教育を始めるのが効果的なのかわからない。

目指すライン別に、何歳くらいから英語を始めるのが理想的か考えてみましょう。

発音も、英語で考えて話す力も、ネイティブ並みにしたい。英語が外国語ではない。

いわゆる「バイリンガル」ですね。これは、0歳児から英語環境を整えてあげることをおすすめします。母国語、外国語という区別さえ生まれないうちから、音楽でも読み聞かせでもいいので、耳や目で当たり前のように自然な英語に触れられる環境を用意してあげてください。

⇒0歳から

英語の発音はネイティブとほぼ同じに。外国語である英語で考えて話す力をしっかりつけてほしい

これも、幼いうちから英語に触れさせる必要があると思いますが、発音について言えば、遅くとも6歳(年長)くらいまでにネイティブの英語を聴いて真似るようにすると、ほぼネイティブと変わらない発音になります。

⇒6歳くらいまでに

発音はそれほどこだわらない。外国語である英語で考えて話す力をしっかりつけてほしい

小学校高学年から英語の発音を学んだ場合、その発音をネイティブが聞けば多少アクセントがあるとわかるようです。頭の中の英語回路は、この時期からでも、努力次第できちんとつくれるようです。

⇒小学校高学年からでもOK

発音はそれほどこだわらない。ただ、英語で話すことを楽しんでほしい

基本的に年齢は何歳でも構わないと思いますが、恥ずかしがらずに積極的に英語で話そうとするという点では、3~4歳(年少)くらいまでに英語を始めるのが適当だと思われます。5歳(年長)くらいになると、他人と比べて劣ることに対しては「恥ずかしい」という気持ちが芽生えるようです。

⇒3~4歳くらいまでに

小学校の英語の授業で不自由しない程度に英語に親しんでほしい

間もなく小学校3年生で英語の必修化、小学校5年生で教科化が始まります。多くの子供たちが3年生になる前に、すでに英語教室や英会話スクールなどで英語を使っていると思われますので、遅くとも小学校2年生までには何らかの形で英語に触れさせてあげたいですね。

⇒小学校2年生までに

中学受験の科目になったときや、英語で行うことを原則とする中学校の英語の授業で戸惑わないよう準備させたい

こちらは、遅くとも小学校5年生までには英語教育を始めたほうがいいと思われます。

⇒小学校5年生までに

目指すレベル(例) おすすめのスタート年齢
バイリンガル 0~3歳
ネイティブ並みの発音・外国語としての英語回路 0~5歳
発音は重視せず・外国語としての英語回路 6~12歳

教師・教材によるが、ネイティブ並みとは言えないまでも、努力次第で発音は相当身につく

発音は重視せず・英語を楽しむ 3~10歳

教師・教材によるが、5歳くらいまでに始めれば発音はネイティブ並みになる可能性あり。羞恥心も少なく本人が楽か

小学校英語授業の準備 8歳までに
中学校受験・英語授業の準備 11歳までに

まとめ

子供は、特に幼いうちは、大好きなお父さんとお母さんから大きな影響を受けます。ですから、子供が英語に触れるときは、小さい頃ほど保護者のサポートが大切と感じます。

しかし、そのためにお父さんとお母さんも英語が得意である必要はないと思います。英語を話したり読んだりする以外でも、ポジティブな形で子供を応援することはできるからです。

また、子供たちを見ていると、英語を習わせる時期は、一概に早ければ早いほどいいとは言えないようです。

保護者が本人に期待する英語レベルに加え、特に小さな頃は本人の性格など、さまざまな点を考慮して保護者が決めてあげる必要があると思います。例えば、英語教室は嫌だ、ママと離れたくないというのであれば、適当な時期まで待ってあげたり、家でできることをさせてもいいのではないでしょうか。

ただし、「本人が苦労を自覚せずに」英語を吸収していくという点においては、どの子も早ければ早いほうがいいと言えるようです。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ