バイリンガルに必要な大量のインプット ~スタートを切るための土台~

子供をバイリンガルに育てるためには、一番最初にどのような環境を用意すればいいのでしょうか。

バイリンガルを育てる環境。映像に頼るのも悪くない?

子供をバイリンガルに育てるには、まず、どうすればいいの?

自分たちが母語の日本語を覚えたのと似た環境を、英語でも用意するつもりでいるといいと思います。

子供をバイリンガルに育てるためには、幼い時期から英語で大量のインプットをすることが大切です。賛否両論あると思いますが、我が家の場合は、子供たちが1歳を過ぎた頃から子供番組を流すようにしました。幼い子供向けであればあるほど、数え方や色の言い方、簡単な挨拶など基本的な内容であることが多いです。幼いうちは、子供はほとんど見ていないように思えますが、日常の中に特定の言語が流れている、気になった箇所だけでも目と耳で追えるという環境は、よかったのではないかと思います。

なぜ英語の音だけでなく、映像と音が一緒になったものを与えるかというと、子供がまず視覚的に内容を理解できるからです。そこに英語という言葉が被さることで、子供は今、目で見ていることを英語でどう言うのかを理解していきます。また、習得させたい言語のネイティブスピーカーが少ない環境の場合、いろいろな人物がさまざまな状況で会話し、行動するところを幅広く見せたり聞かせたりできることは、大いに役に立ちます。

ほかにも、流しておけばいい映像だと、保護者の手がかからないという利点もあります。一日中テレビに子守をさせるようでは問題ですが、同時にずっと子供の側で英語の絵本をめくったり、CDをかけたりしていられないのも事実。たとえ子供と同じ空間にいても、母親の手はその間に何か別の仕事を片付けられるのであれば、うれしいですよね。

親とのコミュニケーションが大事? それとも発音が大事?

バイリンガルを目指す場合には、英語は必ず、ネイティブスピーカーが話すものを聞かせたほうがいいと思います。なぜなら、子供向けのものは簡単だからと、日本語話者の保護者が気軽な気持ちで発音してしまうと、幼いうちほど子供はその日本語訛りのある英語の音を正確に覚えてしまうことがあるからです。また、ある程度成長した後、子供が人によって使う言語を切り替える際にも、保護者との間で使う言語が流動的だと不都合です。

例えば、保護者が日本語話者の場合、小さい頃はときどき英語で子どもに話しかけていたものの、込み入った内容になると英語での会話が続かなくなるということがあります。すると、子供が親との間でどちらの言語を使うか混乱したり、親とは日本語を使うほうが話が早いので、結局日常生活のすべてが日本語オンリーになっていったりします。

バイリンガル児向け英語インプットにおすすめの映像

インプットすれば、当然遅かれ早かれアウトプットの場も必要になります。しかし、「幼い頃のインプット」にのみ焦点をあてるなら、NHK Eテレの子供向け英語番組、

えいごであそぼ

ミッフィーのぼうけん

おさるのジョージ

きかんしゃトーマスとなかまたち

などを見せたり、いくつか録画して、1週間おきなど一定間隔で繰り替えし見せたりしてもいいかもしれません。その際、一日中ダラダラと見せるのではなく、毎日時間を決めて見せてあげるといいと思います。子供は、気に入ったものであれば、繰り返し見ても苦痛に感じないようです。保護者も同じ部屋でそれを見たり聞いたりすることになるので大変ですが、お子さんのバイリンガルを目指してがんばってください。

YouTubeで英語の子供向け映像を探して見せるのもいいと思います。「KidsTV123」「ABCkidTV」などで検索してみてください。

二重音声になっている子供向けDVDを英語で見せるのも役に立つと思います。その際、海外からのものはリージョンコードが違うので注意してください。たとえば、

Super Why

Caillou

Clifford the Big Red Dog

Dora the Explorer

Little Einsteins

これらは、我が家の子供たちもよく見ていました。ちなみにDora the Explorerは日本でもドーラ、Little Einsteinsはリトル・アインシュタインの名前で出ていますね。子供の反応が気になるなら、まずはレンタルしてみてもいいかもしれません。

まとめ

「意味」と「英語の音」がセットになった、子供向け映像を使ってのインプットについて考えてみました。コップの水が満杯にならなければこぼれないように、じゅうぶんなインプットがなければ、自然なアウトプットも期待できません。日常生活の中で子供が英語に触れる時間をつくってください。インプットが十分になり、子供の成長が発話できる段階まで来ると、少しずつ英語らしき音を口にするようになると思います。

バイリンガルを目指す場合、子供が小さい頃は、日英バイリンガルもしくは英語が母国語の保護者でない限り、子供に英語で話しかけないほうがいいと思われます。子供が成長し、保護者の英語に日本語訛りがある、保護者の母語が日本語であり、日本語と英語は違う言語であると理解できる年齢になれば、時と状況に応じて英語で話しかけても大丈夫だと思います。しかし、それがわからないほど幼いうちは、子供の混乱をなくすためにも保護者は自身の母国語オンリーで話しかけたほうがいいようです。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ