バイリンガルを目指すなら、英語を使う必要がある生活を

日英のバイリンガルにするには、どんな言語環境を用意する必要があるのでしょうか。

英語ネイティブスピーカーとの関わりが必要不可欠

子供を日本語と英語のバイリンガルに育てるのであれば、それぞれの言語において、できれば日常的にネイティブスピーカーと関わることが必要です。

たとえば、保護者のひとりが英語圏出身だったり、日本語と英語のバイリンガルだったりするなら、その親が徹底して英語オンリーで子供とコミュニケーションを取ります。この場合、たとえ子供の話す日本語が理解できても決して日本語で返さず、英語で子供の言いたいことを言い直してあげたり、英語で「●●って言いたいのかな?」と聞いたりするなど、子供を英語で助けてあげてください。特に子供が幼い頃は、「お父さんとは日本語」「お母さんとは英語」など、人物ごとに使用する言語の切り替えスイッチをしっかりつくることが肝心です。

バイリンガルの場合はこの言語の使い分けが一生続くことになるので、子供の話し相手となる保護者は、使う言語が自分の母国語でないと後でかなり大変になります。

家庭内にネイティブスピーカーがいない!

もし、ご家庭に英語ネイティブスピーカーがいない場合は、幼い頃からテレビ番組や教材を使って家庭内でたっぷり英語を聞かせることを前提に、

  1. 未就学児でも対応してくれる、ネイティブスピーカーがいる英語教室などを探す
  2. ネイティブスピーカーの英語家庭教師を探す
  3. 幼い頃はヒアリング重視でスピーキングはあまり気にせず、就学年齢になったらインターナショナルスクール等に入れる
  4. 日本では英語教材やスクール、オンライン英会話等で間に合わせ、夏休みなどを利用して年一回ほど海外に長期滞在する
  5. 家族で英語圏に引っ越す

思いつくのは、こんなところでしょうか。

1の英語教室へ行かせるですが、可能であれば毎日。不可能であれば、少なくとも週3日、各2時間以上は行かせる必要があると思います。ちなみに週1回、半日だけ外国語オンリーの教室やスクールに通わせるだけでは、「バイリンガル」にはなりません(そういう人をたくさん知っています)。つまり、週に計3時間程度英語に触れるだけではバイリンガルには不十分で、それに加えて必ず家での努力(親子ともに)が必要になります。

2のネイティブスピーカーの家庭教師は、インターネットで検索するといろいろ出て来るようです。派遣先の範囲内で自宅へ講師が来るのに抵抗がない方は、検討してみてもいいのではないでしょうか。ただし、バイリンガルを目指すのであれば、こちらもかなり時間数を取る必要があると思います。

3のインターナショナルスクールは、義務教育でない分、各校によって教育内容や教師の質、設備、校内での英語使用頻度などに差があるようです。多くが幼稚部を受験してエスカレーター式に中学部、または高校部へ進むようですが、日本の大学を受験するには大検受験が必要になるなど、義務教育では直面しない問題もあるようです。保護者の方が将来まで見通して慎重に学校を選び、子供に受験させる必要があります。また、学校からの連絡や宿題等すべて英語になるので、保護者にも相応の英語力が求められます。

4の海外へ長期滞在ですが、この場合は、現地の人と積極的に交流する機会がないと無意味だと思います。異文化からの刺激を受けるという点では海外旅行でも構わないと思いますが、英語力をつけるという点では子供が現地の人たちと言葉を交わす必要があります。もちろん、子供自らはできないので、保護者に相応の英語力があり、そのような機会を設定して、子供と現地の人の間で潤滑油的な役割を果たす必要が出てくると思われます。

5の英語圏への引っ越しは、子供については、現地社会へ放り込んでしまえば英語力は放っておいてもどんどん伸びると思います。この場合の留意点は、保護者の就職先と現地への適応化、子供の日本語力です。柔軟な子供と違い、大人が海外へ移り住むには、言葉の壁だけでなくさまざまな困難にぶつかると思います。また、家庭内の日本語だけで年齢相応の日本語力が身につくわけではないので、家庭学習として必ず保護者のサポートが必要になると思います。

まとめ

子供をバイリンガルに育てるには、実は子供より保護者の方がずっと苦労するように思います。子供は適切な環境の中に置いてあげれば、スポンジが水を吸うようにどんどん英語を吸収していきますが、そんな子供のサポートする親は、その多くが日本語モノリンガルの日本人であり、日本で英語環境を用意するためにはそれなりの資金と努力が必要になるからです。しかし、完全に不可能なわけではありません。子供たちが将来、英語で自由にコミュニケーションを取り、グローバル社会の中で活躍する日を想像すると、がんばれるのではないでしょうか。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ