子供がバイリンガルになるための、英語教材活用

バイリンガルを目指すなら、必ず幼児のうちから周りにネイティブスピーカーがいないとダメなのでしょうか。

英語ネイティブが周囲にいなくても、インプットはできる

ネイティブスピーカーの役割を、教材でカバーできないの?

本格的な双方向のコミュニケーションが始まるまで、教材からたくさんのことを学べると思います。

家庭内にネイティブスピーカーがいなくても、3~4歳くらいまでなら、教材で多くのことをカバーできると思います。ただ、教材を選ぶ際に気に留めたいのが、日本語を英語に置き換えるのではなく、英語を英語のまま与えているかという点。母国語である日本語を排除し、習得したい言語、すなわち英語の環境に完全に浸るフル・イマージョンシステムを採用しているかどうかです。「外国語である英語を上手に操る」のではなく、「バイリンガル」を目指すなら、英語ネイティブの子供たちが母国語を学ぶような学習環境を整えることが大切だと思います。

たとえば、多民族国家アメリカで生まれたDino Lingoの教材。文化も言葉も違う人々が集まって暮らすアメリカでは、国民の英語習得は国の重要事項です。Dino Lingoは、そのアメリカで実際に使用されている教材。日本にもカスタマーサポートがあるので、学習方法などについて日本語で相談したい保護者の方は安心です。

まとめ

いろいろ検索してみたのですが、今のところ、子供に対しては英語オンリーで、日本人保護者向けに日本語でサポートしてもらえる総合的な英語教材は、Dino Lingoだけでしょうか。

バイリンガルを目指すためには、もちろんこの教材だけでは不十分ですが、英語を英語のまま頭に入れて理解していくという点で、幼いうちに大切な基礎力を養えると思います。

バイリンガル教育は幼年期に限定して行えばいいものではなく、基本的に子供の言語力がある程度安定する高校生くらいまでは、保護者の継続的なサポートが何らかの形で必要だと思います。

ひとたびスタートすれば長い道のりです。お互い、無事にゴールできるようにしたいですね。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ