子供に英語を教える際、英語という言語を教えるのではない

以前は、中学生になると新しい教科として習った英語。「テスト勉強しなければならない科目」「2時限目の授業科目」「入試科目の1つ」など、「教科」としてのイメージが強い英語ですが、果たして子供にはどのように紹介すればいいのでしょうか。

英語や日本語を問わず、「言語」に感じるハードルが低い子供たち

私が学生の頃は、英文法や英単語をひたすら覚えたけれど・・・

幼い子供には、英語を言語として教えないでください。

子供が成長すると、日本語という言語をしっかり身につけ、日本語を使うことによって思考を深め、母国語が自身のアイデンティティーと深く関係するようになります。しかし、それ以前には言語という概念すらありません。リンゴを見せてappleと教えれば、それはその子にとってappleになりますし、それを例えば父親がリンゴと教えれば、この赤くて丸いものはリンゴとも言うんだなと思うくらいでしょう。そして、母親にはapple、父親にはリンゴと言うようになると思います。

我が子を観察した限りでは、5歳くらいになると、子供の中にぼんやりと言語という概念が生まれるようです。英語と日本語は異なる2つの言語であり、混ぜて使うものではない。そんな大人にとって当たり前のことを、子供はようやく理解します。

子供に英語を教えるなら、言葉として教えない

そんな子供たちですから、当然、幼い頃は日本語は簡単で外国語の英語は難しいなどという思い込みはまったくありません。また、母国語以外の余分な言語を叩き込まれていると被害者意識を持つこともありません。つまり幼い子供たちにとって、母国語の日本語はまだ英語と同じくらい難しく、外国語の英語はまだ日本語と同じくらい簡単なのです。

ですから、この時期の英語教育は英語という言葉そのものを教えるのではなく、「英語で」何か楽しいことをするということに焦点をあてた、オンライン英会話やキッズ英語教室、英語教材などを選ぶことをおススメします。英語でゲームの指示があったり、絵本を読まれたりしても、保護者がわからないのだから子供たちもわかるはずがないというのは大きな誤解です。大人の想像を超えるスピードで、子供たちは大して苦に感じることもなく、新しいことを次々と吸収していきます。その能力のすばらしさは、傍で見ていて感嘆するほどです。

まとめ

一般にアジア人は外国語など「書いて」覚えたがると言われます。一方、欧米人などの場合、「耳で」音として覚える人も多いです。どう書くかわからなくて、どう言っているのか文字で確認できなくて不安ではないのかと不思議に思うのですが、どうやらそうではないらしい。私自身を含め人はみな自分を基準にそれが一般的なことのように思っていますが、実はそうではないということですね。

同様に、幼い子供たちも「楽しいシチュエーション」の中で、耳で英語を聞きながら発音や意味、使い方をどんどん覚えて行きます。遊びに夢中な子供たちは、私たち大人が不安を感じる英語に対して抵抗感がありません。ぜひ、英語で楽しめる機会を積極的に与えてください。

>>「英語の楽しさを教える教材」へ

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ