子供の英語教材は、最初に様子を見てから選びたい方へ

子供に英語を押し付けて英語嫌いにしたくない。先走っていろいろな教材を買い与え、結局無駄になるのは避けたい。保護者がそう考えるのは、当然ですよね。

子供に初めて文字を教える

高い英語教材にいきなり手を出したくないのだけど・・・。

最初は無料の教材を与えて、子供の反応や様子を見てはいかがですか?

英語圏で長女に日本語を教え始めたとき、文字の導入をどうすべきか考えました。押し付けて嫌いになられては困るし、子供にまだやる気があるかどうかわからないのに、あれこれ教材を買って無駄にしたくない。迷っていたときに助けられたのが、インターネット上の無料教材です。

プリントアウトして使うもので、1日1枚など、量を決めて子供の気がむいた日にだけできます。実際、我が家も私が文字を教えたほうがいいのではと思った時期はまだ早かったようで、その後、長女がやってみたいと言い出すまで気長に待つことになりました。そして、ようやく長女が文字に興味を持ち始めた頃、無料プリントから少しずつ始め、もっと日本語をやりたいと言ったときに初めて、市販の教材を買いました。その後は順調に、長女は日本語に取り組んでいます。

子供の英語には無料教材の活用も

英語の無料教材について調べてみると、こんなところが見つかりました。BRITISH COUNCILのLearn English Kidsです。プリント、歌、絵本、ゲーム、塗り絵など、さまざまな教材が用意されているので、子供の年齢や英語レベルにあわせて活用できそうです。プリントには答えも用意されているので、保護者にも親切ですね。

BRITISH COUNCIL Learn English Kids

こちらのサイトは英国系なので、発音やスペルもイギリス英語です。日本ではアメリカ英語が主流なので戸惑う方もいるかもしれませんが、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、シンガポールなど、英語は話されている国の分だけ、いろいろな形があります。ある意味で言葉は生き物ですから、現地の人々が日々の生活の中で使って問題なく通じるのであれば、それはアリということになるのではないでしょうか。どの英語が正統というのではなく、イギリスではこんな言い方があるのねとか、カナダではこんな風に綴るのねなど、世界にはいろいろな英語があることを親子で柔軟に楽しんでください。

まとめ

今回ご紹介した英語の無料教材サイトは、当然すべて英語で書かれています。難しい表現がないので保護者の方も使いやすいと思いますが、もしわからない単語や表現があったら、ぜひ親子で覚えてみてください。お母さんやお父さんも一緒に英語を覚えてくれたら、子供はきっと喜ぶと思います。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ