子供をバイリンガルにするなら、小学校入学時は1つのハードル

好きこそ物の上手なれということわざがあるように、好きなことは上達が早いです。

子供をバイリンガルに育てるなら「好き」を上手に活用する

毎日、小学校から戻った後に英語学習をさせていたら、子供が英語嫌いにならないかしら?

英語を話せることが子供の自信になっていれば大丈夫だと思います。

バイリンガル児を育てるなら、0歳や1歳の頃からすでに英語環境を整えていると思います。生活の中に当然のように英語がある状態。手を伸ばせば、すぐに英語の文字や音が目や耳に入ってくる日常。そんな英語環境があることを前提に、今回は子供のメンタル面に焦点をあてて考えたいと思います。

家に英語環境があっても、やがて成長し日本語で学校に通う生活が始まると、英語をネイティブ並みに話せる力を持続するのは難しくなります。幼稚園児あたりの年齢までなら、英語で遊んだり、歌ったり、絵本を読んだりで間に合う英語も、小学生となり学校でさまざまなことを学ぶ年齢に入る頃から日本語と同時進行で英語教育もレベルアップさせないと、いずれ英語は幼児レベルのまま、日本語は年齢レベルというアンバランスさを生みます。

ここで踏ん張って、英語でも言いたいことが言えるように、どんどん新しい知識が英語でも子供に注がれれば、バイリンガルとしてのハードルを1つクリアしたことになると思います。そのまま2言語並行で力をつけていけるのではないでしょうか。しかし、ここで日本語と英語の間に大きな差ができてしまうと「外国語としての英語」となり(発音もネイティブ並みのまま、英語回路も頭に残ると思いますが)、バイリンガルではなくなってしまう可能性があると思います。

だからこそ、学校以外の場所で積極的に英語を学ぶ必要性が上がります。まず、英語がすでに生活の一部になっている子供に対して、日頃から英語でコミュニケーションが取れることをひたすら褒めてあげてください。「●●ちゃんは英語でも話せるから、これから他の国のお友だちもたくさんつくれるね」「●●君は英語が上手に話せてかっこいいね」など、事あるごとに、子供に英語をネイティブの子供と同様に話せることはすごいことなのだと認識させます。大好きなお母さんやお父さんに褒められて、英語を使うことは誰もができることではないのだと理解すると、このことが子供の自信につながり、英語が好きになります。そして小学校が始まったら、子供に努力なしでは英語力をキープできないことをきちんと説明して、英語を続けるか続けないか自分で決めさせてください。バイリンガルであることが子供の自信になっているのなら、きっと続けることを選んでくれると思います。

子供の中で英語と日本語の差をできるだけ小さくする

保育園や幼稚園、小学校が始まると一日の大半を日本語で過ごすのはもちろん、クラスメートや教師などと、新しい人間関係も増えて、親が知らない世界を子供がつくりはじめます。

この時期、子供は親の教えていない日本語も吸収して素晴らしい成長を見せるのですが、同時にそれは、親が用意した英語環境から出て、子供が日本語で新しい世界を知り、知識欲を満たしていくことでもあります。放っておくとあっという間に英語力が置いて行かれることになるので、親は日本語との間に差がつかないよう、映像や絵本、ゲーム、オンライン英会話、英語教室、教材など工夫して、子供の年齢にあった英語に触れさせるよう努めてください。知識として吸収する内容が少しずつ難しくなる小学生以降は、親のサポート以上に本人のやる気が必要です。

まとめ

バイリンガルを育てるなら、何よりもまず、英語もネイティブ並みに使えることが子供の自信になるよう、親が導くことが大切だと思います。そして、その英語に対する前向きな気持ちを活用して、小学校入学時など成長の大きな節目で日本語との間に差が開かないよう気を付けてください。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ