小学生での英語の授業を視野に、早期スタートが得策

英語の授業は、2020年に小学校3、4年生で必修、5、6年生では教科化が決定しました。2021年には中学校で、授業を英語で行うことが基本となります。日本の子供たちにとって、英語はますます避けられなくなります。

英語を早期に始めれば、ネイティブのように発音できるようになる

小学校での4年間の英語教育が加わって、これからの子供たちは英語に費やす時間がますます増えますね。

どうせ避けられないのですから、言語は早めにスタートしたほうが絶対にラクです。

小学生、中学生での英語の授業を視野に入れて始めるにしろ、バイリンガルを目指して始めるにしろ、触れ始めるのが早い時期であるほど子供にとって英語は簡単になります。私たち大人であれば、舌をこう動かしてとか、唇をこの形にしてと説明されたうえでもなかなかつくり出せない音を、幼児は耳で聞いただけでいつの間にかつくり出しています。LとRの音やBとVの音なども、明確に聞き分けられます。

すでに日本語が母語として定着している大人から見ると、我が子がネイティブ並みの発音で英単語を口にするのはまるで魔法のようですが、幼児期から適切な教材などを使って十分な量の英語に触れさせていれば、遅かれ早かれ間違いなく子供たちはきちんとした音で英語を発することができるようになると思います。

子供にとって英語は「するしかない」の一択のみ! だったら・・・

発音や聞き分けを身につけた後の英語力の成長は、その子供の英語環境が大きく関わってくると思います。まだ、耳と口は英語に通用する下地を身につけたというだけなので、ここからバイリンガルを目指すなら、保護者は日常的に英語を使うことが当然である環境を用意することになると思います。あるいは、外国語として英語が得意になってほしいという程度であれば、週に何度かの英会話や教材等の手続きや準備をすることになると思います。

いずれにせよ、新学習指導要領により、子供たちが成長する先に英語との出合いが待っているのは確実なのですから(しかも以前より早く!)、英語に対して何らかの準備をしていたほうがいいと思います。言語教育なら一日でも早く始めておいたほうが子供の抵抗が少なく、また効果も大きいことは間違いありません。

まとめ

小学校高学年になるお子さんの英語教育について、悩まれている方がいました。英語について何もしてこなかったお子さんいわく、クラスメートの多くがすでに英語の習い事をしているので、ひとりだけ出遅れるのは嫌だとのこと。英語の授業が始まる前から、ほかの子供たちに対して引け目を感じているようでした。

お子さんの性格にもよると思いますが、まだ羞恥心などが強くない幼いうちから、英語に触れてどんどん発話していれば、この方のお子さんはこんな風に感じていなかったかもしれません。

サポートする保護者は大変ですが、英語は早期に始めたほうが、子供の苦労を最小限に抑えつつ効果を最大限に引き出せると思います。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ