子供には英語が先か日本語が先か

小さい子供には、英語を教えるよりも先に母語である日本語を教えたほうがいいのでしょうか。

バイリンガル児の我が家の場合

子供の日本語がしっかりしてから英語教育をするべきなのか、迷います。

そもそも、英語に触れた分、子供が日本語に使える力は減るのでしょうか?

子供の英語教育を始める場合、母語である日本語がしっかりしてからのほうがいいという意見は、私も耳にしたことがあります。我が家はたまたま子供たちをバイリンガルにせざるを得ない環境にあり、英語圏である現地で外国語となる日本語を教えました。子供たちには生まれたその日から日本語で話しかけたので、つまり、英語と日本語の同時並行パターンです。

子供たちが幼いうちは言語の混乱や発話の遅れ等が見られるかと思いましたが、そういったこともなく、まるで脳の中に宇宙でも入っているかのように、子供たちは二つの言語を自然に、別々に、どんどん吸収し、話していました。1つの言語が詰め込まれたら、もう1つの言語の入る余地は少なくなるのではないかと考える大人(私)の心配をよそに、日本語も英語もそれぞれネイティブの子たちが覚えるのとほぼ変わらない様子で覚えて行きました。

発音と基本的な英語回路を身につけさせたい場合

日本で子供に、しっかりした英語の発音と基本的な英語回路(言葉の並べ方など)を身につけさせたいとしましょう。この場合、英語が先か日本語が先かですが、私は同時進行で構わないのではないかと思います。なぜなら、幼児期から英語教材を与えて英語の音を積極的に聞かせたり、週に一度の英語教室やオンライ英会話に参加させたとしても、子供たちの日本語力の形成を妨げるほどの効果はないと思うからです。つまり、日本で日本語を母語とする親の元で育てば、親が相当努力しない限り、子供は自然と日本語環境の中で過ごす時間のほうが多くなるはずです。そして社会との関わりが増えていく中で、放っておいても、子供はますます日本語力を身につけていくのではないでしょうか。

英語より日本語を身につけさせる大切さには同感

しっかりした母国語を身につけることは、子供のアイデンティティーを確立し、思考を深めるという点でとても重要だと思います。どこの国の人間かわからない、発言内容の薄っぺらな人間が流暢な英語で何かを言っても、誰も耳を傾けてくれないでしょう。

バイリンガル児の子育てを通して実感したことですが、英語に力を入れれば日本語が弱くなるというのは大人の考えではないかと思います。つまり全部で10ある力のうち5を使えば5しか残らないと考えるのは常識を重ねた大人であって、実際に幼い子供がもつ言語能力というのは計り知れないのではないかと思うのです。

英語が上手な帰国子女は一般に日本語力が低いとされますが、それでは日本に住む日本人の子供の日本語力は誰でもそんなに高いのでしょうか? 逆に、帰国子女の日本語力は例外なく全員においてそんなに低いのでしょうか? そうではなく、日本語力の低下や不足は、読書習慣の欠如、思考を深める機会や会話相手の不足など、むしろ英語とは無関係のことに起因しているように思います。幼児期から読書を習慣にさせる、保護者が子供の話し相手になってあげるなど周囲のサポート次第で、英語とは無関係に、日本語はいくらでも伸ばせるのではないのでしょうか。

まとめ

幼い子に日本語をしっかり覚えさせるべきという点は賛成ですが、それは英語の導入を遅らせるのと同意ではありません。むしろ、英語の音を区別できる耳と口を身につけるには幼児期が最適ですから、聞き分けや発音にまでこだわるなら、英語教育は早めにスタートしたほうがいいのではないでしょうか。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ