子供の英語は、保護者によるサポートの有無が効果を決める?

「幼いうちから子供に英語を習わせるのはなぜ?」「親は英語業界に踊らされているだけ?」いろいろと意見が分かれる子供の英語教育について、本当に大切なポイントが何なのかを考えます。

良い英語教材も、与え方を間違えれば子供のためにならない

小学校低学年の子供に英語のラジオ講座を聴かせたけれど、テキストに子供の読めない漢字が多すぎて結局使用を止めた。やはり日本語の読み書きが先ではないでしょうか。

それは、教材の使い方が年齢にあっていなかったのではないでしょうか。

この場合は、ラジオ講座の教材を使って「子供だけで」テキストを読んで受講していくことに無理があったのだと思います。このような形で子供に英語を学ばせるのであれば、当然日本語の読み書きを先に身をつける必要があるでしょう。

しかし、このことがすなわち、「幼いうちに、日本人の子供に英語を身につけさせるのはナンセンス。日本語での読み書きが絶対に先」という結論に直結するかというと、これもまた一概にそうとは言えないような気がします。たとえば、

  • 日本で、日本語を母語とする日本人の両親のもとで生まれた子供が、間もなく小学2年生になるのに、日本語がおぼつかない(英語では言えるのに日本語では言えない、理解できないことが多い)。

これは、問題だと思います。しかし、次のようなことが可能かどうかわかりませんが、

  • 日本で、日本語を母語とする日本人の両親のもとで生まれた3歳児の子供の日本語がおぼつかない(英語では言えるのに日本語では言えない、理解できないことが多い)。

これはセーフではないかなと思うのです。赤くて丸い果物を見て「りんご」も「apple」も出て来るけれど、足が4本ついた自分が座る家具を見て「chair」と言えても「椅子」が出て来ない。この場合は側にいる大人が、「これは日本語で『椅子』と言うのよ」と教えてあげれば済む話です。

2つの言語を使っていれば、何でも同時に両言語で覚えるわけではないので、英語と日本語で知識が同化するまでに多少時差のようなものが生まれます。保護者など、周囲の大人がそれを認識して、子供が日本語で知らないことがあればすぐにその言葉を教えてあげるよう心がけることが大切です。

ときには、この年齢なら日本語で知っているべきということを知らないことがあるかもしれません。そんなときは慌てず、「こんなことも知らないの?」などと間違えても子供に劣等感等を与ることがないよう気をつけ、教えていなかった自身の落ち度を反省しつつ、この差を埋める作業をコツコツ続けてください。

こうして、幼稚園や小学校が始まって日本語環境で過ごす時間が急激に増えると、すぐに子供は日本語が上手になります。今まで培ってきた英語力が失われるのではないかと思うような勢いで日本語が一気に上達すると思うので、お子さんの日本語力を特に心配する必要はないと思います。

幼児期から英語を教えるのは無駄?

なぜ幼児期から英語を教えるのか。それは、やはり「本人が習得において苦労を自覚しない」「効果が大きい」という点が一番ではないでしょうか。本来なら、当人に英語をやりたいかどうか聞けるといいのですが、赤ちゃんや1歳児にそれは無理。保護者は、我が子の将来の選択肢を広げておくために、親心で英語を学ばせるのでないかと思います。

実際に、英語教材を一度通してやっただけや、週に何度かの英語教室に通う程度では、広告や宣伝にあるほどの英語力は身につかないかもしれません。しかし、英語に慣れ、子供の英語に対する抵抗感を下げるという意味では期待できると思います。

また、子供の英語力の伸びには、始める時期や教材の内容ではなく、実は「保護者のサポート力」がもっとも関係しているのではないかと考えます。英語教育に関連して親がどれだけ長い期間、毎日どれくらいの時間を割けるのか、どれだけ投資できるのかは、各家庭で違いますね。時間も資力もあれば、幼児期から英語を始めてその子の成長とともに英語力もゆるゆると伸びていくと思いますし、幼児期に教材を与えただけで終わりであれば、与えた教材がほとんど無駄に終わる可能性もあります。

まとめ

日本語の読み書きができないうちの、幼児期からの英語教育について、私は構わないと思います。またその場合、教材等を使うことも考慮すべきだと思います。ただ、いずれにせよ、親が放任するようでは子供の英語力が飛躍的にアップすることはないのではないでしょうか。

保護者に英語力がなくても、何らかの形で子供の英語をサポートすることはできるはずです。親の子供に対する影響は絶大ですから、保護者はそれをきちんと自覚して、どのようにすれば子供が英語を楽しみ、前向きに取り組んで、コツコツと力を伸ばして行けるかを常に模索する必要があると思います。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ