子供をバイリンガルにしたいなら、英語教育だけに振り回されない

日本で子供を英語と日本語のバイリンガルにするのは、大変なことです。しかし、どのようにしてこれを実現するか悩むあまり、英語教育だけに目が行っていませんか?

子供のバイリンガルは目指さなかったかも

日本で子供を英語漬けにするにはどうすればいいかと悩んでいます。

お子さんに必要な日本語力をどんな形で身につけさせるかも、考えていますか?

我が家の場合、もし伴侶も日本人だったら、おそらく子供にバイリンガル教育はしていなかったと思います。なぜなら、日本で生きていくうえで、バイリンガルである必要はないからです。

ただし、子供たちの将来を考えれば、英語ができることは強味になるので、英語の早期教育は始めたと思います。日本語にはない英語の音をきちんと耳で拾い、違いを聞き分けられるようにし、近い音を出せるようにするためです。ネイティブ並みの発音は、できれば素晴らしいですが、必須ではありません。話す英語に多少日本語の影響が出ていても、母語は子供たちのアイデンティティーの一部なのですから、まったく問題ないと考えただろうと思います。ほかには、英語で聞いて英語で応える回路の基礎のようなものを頭の中につくれれば目的達成でしょうか。

子供が成長して、英語を本気で学びたいと思ったときに記憶の片隅から取り出して使えるよう、英語の基礎だけ小さいときに身につけさせておこうかなという感じです。

日本語と英語という言葉以上に大切な、子供のアイデンティティー

しかし現実には、我が家の場合、環境的に子供たちをバイリンガルに育てる以外の選択はありませんでした。その際に気をつけたことは、子供たちのアイデンティティーの確立です。

これは、簡単に言うと、「自分が何者であるのか、そのことを誇りに思えるのか」ということであると私は捉えています。ふたりとも日本人の血と英語圏の血を引いているのは事実。このことを、日本でも父親の国でも外国人として見られるとネガティブに考えさせるのではなく、二つの祖国をもつなんて特別なうえ、しかもどちらも素敵な国で、こんな幸運滅多にないと子供たちの耳へ繰り返してきました。おかげさまで、子供たちは自分たちが日本人であることも、父親の国の人間であることも、誇りに思っています。こうして自分自身の存在にゆるぎない確信がもてれば、人生を通して、両言語でさまざまなことを学び、吸収し、取り組んでいくことができると思います。

日本人ばかりの環境から出て海外へ行くと、自分が何者であるかを痛烈に突きつけられることがあります。つらいこと苦しいこと寂しいことなどに直面して気持ちが折れそうになったとき、特にその傾向が強いでしょうか。そんなとき、自分はどこの国の人間であるという誇りが、土台になったり、物事の判断基準になったり、最後の支えになったりすることがあります。

子供をバイリンガルにするなら、英語教育だけ考えていては不十分

多くの日本人が考え事をするのにフランス語を使わないように、思考に使う際の言語はその人物のアイデンティティーに深くかかわっていると思います。日本人なら日本語で考える。当たり前です。ですから、日本人の両親が日本で子供をバイリンガルに育てる場合、英語と同様かそれ以上に日本語の教育にも力を入れる必要があると思います。親も自分も日本人で日本に住んでいるのに、考え事がすべて英語になってしまったら、おそらく物心つく頃から子供は自分自身についてひどく混乱するでしょう。また、言語と文化は直結しているので、日本人の微妙な心情を表す的確な英語表現が常に見つかるとは限りません。そんなとき、子供の日本語力が低ければ、日本人として自分が感じていることを上手く言葉にできない、思考できないという状態に陥るかもしれません。

まとめ

子供をバイリンガルにする場合、英語にこだわるあまり、子供の日本人としての部分を確立するのがおろそかになることないよう、気を付けてください。

英語は話せなくても生きていけますが、日本人の両親から生まれ、日本で育ったのに、精神的に根無し草では、その子供の人生にも大きく影響すると思います。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ