バイリンガル教育のカギは、間違いなく幼児期にアリ

子供が英語を話すようになるバイリンガルになるためには、幼児期をどう過ごすかが1つの大きな鍵です。

認めざるを得ない、幼児期の英語習得能力の突出

子供をバイリンガルにするには、日本語の基本が身についてから英語を始めるのではダメなのかしら?

バイリンガルにこだわるなら、早めのスタートのほうがいいと思います。

基本的に、「無理」とか「遅すぎる」とかネガティブなことはできる限り言いたくないのですが、子供のバイリンガル教育においては、やはり幼児期が勝負だろうと思います。後から英語を身につけることも十分可能ですが、ネイティブ並みの発音となると、日本人の耳には素晴らしく上手に聞こえても、英語圏の人間には微妙な違いがわかるそうです。

バイリンガルということにこだわるのであれば、早期にスタートしたほうが、子供は苦労や抵抗を感じることが少ないまま英語を身につけていけます。

幼児期のバイリンガル教育で重宝した2つの教材

たくさんの家庭が試行錯誤して、さまざまな形で子供へのバイリンガル教育を進めていると思います。我が家も手探りで子育てをしてきましたが、その中で幼児期にもっとも役に立ったと感じる教材が2つあります。それは、「映像」と「こどもちゃれんじ」です。

我が家の場合は、環境が英語圏だったので、日本のテレビ放送も見られるようにケーブル契約をしました。インターネットで動画検索をして日本語の動画を見せることもしましたが、それだとどうしても私に空き時間がないと無理なので、いつでもしてあげるわけにはいきません。そんなとき、「テレビをつければ当たり前のように日本語が流れる」という環境はとても役に立ちました。子供番組からニュースまで、親子の日常会話だけでは使うことのない単語や表現を耳にする機会は子供にとって貴重ですし、日本の風景、天気、テクノロジー、歴史など、たとえ完全に理解できなくても幅広く触れて日本を身近に感じることは、海外で日本語という言葉を身につけるうえで大切です。

たとえば、幼稚園が始まって朝の身支度が必要な年齢になったときは、その時間に日本のニュースを流しておくようにしました。すると子供たちは、内容について気になるところでは立ち止まって耳を傾け、私に質問してくるようになりました。それをきっかけにさまざまな話題について説明することができました。塵も積もれば山となるで、たとえ1つの質問でも、毎日続けているとたくさんのことを教えることができます(ただし、テレビに集中し始めると身支度中の子供の手が止まったままになる可能性もあるので、遅刻には注意です!)

我が家では、私が外国語である日本語のネイティブスピーカーでしたが、日本で子供に英語を教える場合、家庭にネイティブスピーカーがいなければ、英語での映像視聴にくわえてオンライン英会話などで子供が英語を使って話す機会を積極的につくる必要があると思います。

もう1つ「こどもちゃれんじ」の受講も大変役に立ちました。たった1年で大きく成長する子供に、その年齢で簡単すぎず、難しすぎない内容をバランスよく与えたかったので、毎月届く教材はぴったりでした。問題に使われる日本語は親子の会話で出て来ないものも多く、幼稚園での生活など日本の同年齢の子供たちの日常を垣間見られる副読本などの教材は、子供の興味を大いに引きました。受講についてはかなり悩みましたが、子供が今バイリンガルとして自信をもち、両言語で不自由なくコミュニケーションを取るのを見ると、あの時期に思い切って決断して本当によかったと思っています。

まとめ

個人的な体験から、子供へのバイリンガル教育における幼児期の教材ベスト2を選びました。日本で子供に英語を教えるなら、「英語の番組が日常的に流れる環境」と「こどもちゃれんじEnglishicon」ということになるでしょうか。

子供が言語をどんどん吸収する魔法のような時期はあっという間に過ぎてしまいます。バイリンガルを目指すなら、この大きなチャンスを逃すことなく適切な言語環境を準備して、効果的なバイリンガル教育ができるといいですね。

>> 「バイリンガル児のマスト教材の1つ、子供に見せる英語映像

>> 「あった!子供をバイリンガルにするなら、必ず活用したい英語教材

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ