子供の英語は教室に通わせていれば安心?

子供は、週1回のグループレッスンで本当に英語で話せるようになるのでしょうか。

子供は英語教室にさえ通っていれば、いつか話せるようになる?

小学生の子供が英語教室へ通い始めて3年目になります。英語を話し始めるのを楽しみにしています。

ご家庭では英語で何かしていますか?

学校で週に何時間か算数の授業を受けたうえに、算数の力を強化する目的で塾に通っても、全員の成績が上がるわけではありません。見事に成績を上げる子がいる一方で、変化のない子もいます。これは個人のやる気の差、能力の差、家庭環境の差など、さまざまな要因があると思いますが、理由がなんであれ結果は、必ずしも「塾通い」=「成績アップ」ではないと言えます。

同様に、子供を英語の教室へ通わせた場合、休まず通っていれば必ず英語で話せるようになるかというと、そうではないと思います。特に言語は、その性質上使う必要性がないと話せるようにならないので、週に1回、グループレッスンに参加させるだけでは、残念ながら子供が英語を話せるようになることは期待できないと思います。

子供が英語教室に通う最大のメリットとは?

それでは、なぜ英語教室へ通わせるのか。子供を英語好きにさせるためには、教室通いは効果が大きいと思います。同じような年齢のほかの子供たちと一緒に英語で何かすることは、間違いなく楽しい体験として子供の中に蓄積されるのではないでしょうか。小学生から必ず始まる英語に対して抵抗感を持たせないためにも、幼児期からの教室通いは役に立つと思います。英語で新しいことを教えてもらえることは、好奇心旺盛な子供の知識欲を満たすことにもなるはずです。

しかし、それだけでは英語で話せるようにはならないので、教室通いと相乗効果のある教材や練習を自宅でさせたほうがいいと思います。教室で新しい言い方を習ったら、それをテレビ番組で耳にした。数字の言い方を習ったら、オンライン英会話で年齢や電話番号の言い方が話題になったなど、子供が英語教室で習った基本的な英語をさらに膨らませていくような、家庭でのサポート学習が必要になると思います。

まとめ

子供の英語教育を早期に始めた場合、発音は比較的簡単に身につけるのではないでしょうか。しかし、その後、成長とともに順調に英語力を伸ばし続けるということが、実は日本における英語教育の最大の難関ではないかと思います。

子供を英語教室に通わせることは、精神面で大きなプラス効果があると思いますが、それだけでは、英語で比較的スムーズに話せるようになるのは無理だと考えられます。

生活環境や家庭事情など、教室以外での英語教育のフォローが難しいお宅もあるかもしれません。しかし、子供には英語でコミュニケーションを取れるようになってほしいと思われたのなら、無理をせずともできる範囲で工夫してみてはいかがでしょうか。きっと何かしらサポートできることがあると思います。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ