できる、できないは大きい?子供の将来につながる英語

バイリンガルの子供たちを見ていると、自分自身が子供の頃と比べて、すでに世界観が違うと感じます。

言葉をこんな風に身につける!日英バイリンガルの子供たち

バイリンガルの子は、どんな風にしてそのように育つの?

耳で音を聴きながら、頭の中で音と意味がペアとして理解できるようになると、その物を指したりしながら、口で音を真似し始めます。

子供たちは、0歳児から日英バイリンガル環境で育ちました。

娘は言葉が少し遅かったように思いますが、息子は気づいたらどちらの言葉も話していたので、発語時期はモノリンガルの子供たちと変わらなかったように思います。

日本語も英語も耳で聴いた音を真似ます。最初はどちらの言語もつたない発音でした。しかし、繰り返しその音を耳にし、口で真似ることで、次第にしっかりした発音で話すようになりました。

このとき大切だと感じたのは、ネイティブの発音を聞かせることです。私が日本語アクセントのある英語を話したら娘がそれと同じ発音をするという、笑うに笑えない経験もありました。

現在子供たちは、日本語でも英語でも、ともに発音はネイティブスピーカーと変わりありません。

日本語と英語の2つの言語は、話す相手(祖父母、親戚、友達、夫、私など)によってどちらを使うか決め、日常生活の中での使い分けを徹底しました。

ひとつの言語定着を優先することなく同時進行で進めましたが、言語の混乱は見られず、複数の言語習得を負担に感じての発語の大きな遅れはありませんでした。

気づき:日英バイリンガルだからこそ楽しめること

子供をバイリンガルに育てるにあたり、徹底したことは何?

「人や場面によって言語を使い分けるということ」と「必ずその言語でコミュニケーションを取らなければならない状況をつくりだすこと」の2点です。

親子留学やインターナショナルスクールへの入学などをきっかけに、幼い子供がどちらか一方の言語に対して急に力をつけると、そのときは相手を問わずその言葉ばかりを使いたがるようです。

我が家もそうでした。しかし、相手による使い分けルールを思い出させ、徹底させると、苦労することなくすぐにまたきっちり分けられるようになりました。

これは例えば、ネイティブの英語の先生であれば教室で会っても街で偶然遭っても自然に英語になると思いますが、日本人の先生で、教室では英語なのに街で遭ったら日本語では子供が混乱します。

その場合、教室では英語、街でも●●ちゃんと二人だけで話すときには英語(子どもが幼い場合は、街で二人だけで話すことはないと思いますが)、お母さんが一緒の時は場所を問わず日本語、などと決めることが大切です。

また、教材だけに頼らず、ネイティブスピーカーと話さなくてはならない状況を努めて用意しました。

日英バイリンガルは、英語を使って日本人以外の人ともコミュニケーションが取れるため、子供は国籍を気にすることなく、海外のさまざまな人々や文化についても興味をもつようです。これが、将来に向けたグローバルな視点の芽生えなのかもしれません。

また、母国語以外の言葉が話せるということで子供が自信を持ち、今ではバイリンガルであることを自分の大きな強みだと思っているようです。

人種にとらわれず、いろいろな国の人と友達になれるのではないかと期待しています。

まとめ

子供が英語を話せるかどうかで、将来の選択肢が大きく変わるような気がします。それは、英語を話せると何かが可能になるからという意味ではなく、英語を話せることで、子供のうちから目を向ける範囲、興味をもつ範囲が広くなるからです。

あわせて、自分が体験した英語でのさまざまな失敗や苦労を考えると、やはり子供にはこのまま英語を楽しく続けてもらいたいなと思います。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ