子供をバイリンガルにしたいなら、英語で話すか日本語で話すか

子供をバイリンガルにするために、家では英語だけと決めたほうがいいのでしょうか。

「バイリンガル」を目指して、家では英語、外では日本語?

子供をバイリンガルにしたいので、家での会話はすべて英語です。

おうちに、英語を母語並みに話す方はいますか?

子供をバイリンガルにするためには、できるだけ英語に触れさせたほうがいいのは事実だと思います。でも、日本社会に暮らして日本語は心配ないのだから、家では英語1本にするという決め方には、疑問が残ります。

なぜなら、まだ幼いバイリンガル児の場合は、どうやら自分の意志で英語、日本語へとスイッチを切り替えるのではなく、話す相手を見て自動的に言語スイッチが切り替わるようだからです。つまり、この場面では日本語を使うべきだから日本語、ここでは英語と判断するのではなく、相手と向かい合うと自然にそこで使うべき言語が出て来ると言うべきでしょうか。モノリンガルの私からは想像しにくいのですが、現象としては2つの言語を切り替えて使っているものの、子供自身の中では無自覚に行われていることのようです。

「バイリンガル」を目指すなら、誰に対して英語かを徹底する

このことから考えると、安易に家庭では英語と決めてしまうのではなく、誰に対しては英語/日本語で話すと決めることが大切だと思います。

個人的には、保護者は基本的にご自身の母語を使うことをおすすめします。なぜなら、子供をバイリンガルに育てることを目指して英語で話すことにすれば、その子とは一生英語で話し続ける覚悟がいるからです。例えば高校や大学で英語圏へ留学して、英語での会話はほとんど問題ないレベルの保護者がいるとします。でも、boo-booが何のことかわかるでしょうか?(幼児相手によく使われる言葉で「かすり傷」のことです) 英語圏で医療翻訳をしている知人は、現地の小学校に通う子供が理科の宿題をしていて、その中に出て来た「うろこ雲」やら「入道雲」の英単語がわからなかったと言っていました。やがて、子供が成長するにつれて、文学、数学、政治、恋愛、医療、科学など、話題は多岐に渡るでしょう。また、子供がよき話し相手に成長し、いつか保護者は自分の真情や心のひだのような細やかな感情まで伝えたいと思う日が来るかもしれません。そのとき、母語ではない英語で子供に不自由なく伝えられますか? 実際、移民の多い英語圏の国などでは親子で母語が違うので、コミュニケーションが難しいという話も聞いたことがあります。

家庭では英語と決める場合は、その家族に英語のネイティブスピーカーかそれに近い英語力を持つ人間がいる場合に限ると思います。例えば、「英語圏出身の父親とは英語、日本人の母親とは日本語、家族全員で話すときは英語」あるいは「日英バイリンガルの父親とは英語、英語圏出身の母親とも英語、兄弟姉妹同士も英語」などです。

まとめ

私たちは普段何気なく日本語で暮らしていますが、外国語に接し、それを学ぼうとすると、1つの言語を身につけるということは、いったいどれほど多くの語彙、表現、思考を自分のものにするということなのだろうかと驚かされます。バイリンガル児の場合は、2つの言語について、母語か母語に近いレベルまで身につけようとするのですから、日常的に、しかも長期間に渡って相当のサポートが必要となるのは当然のことではないでしょうか。バイリンガル児を育てる場合は、子供よりもむしろ保護者の努力や工夫が大きく問われるのではないかと思います。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ