小学校での英語授業の準備か、バイリンガルか、考えてから走り出す

とりあえず、子供への早期英語教育の時期は逃さずクリア! でも、この後どこを目指して行くか、すでに考えてありますか。

子供への英語教育、始めてはみたけれど・・・

子供が0歳児から英語を始めているんです。間もなく3歳ですが、次はどうすればいいでしょうか?

お子さんに期待する英語力にふさわしいサポートをすればいいと思います。

子供の英語教育は早ければ早い方がいい。発音の習得や学習する本人の負担軽減を考えるのであれば、これは事実だと思います。しかし、早期の幼児教育がうたわれ、また子供の語学習得に最適な時期が短いこともあって、つい明確な将来像を考えないまま子供に英語教材を買い始めていませんか? 子供には英語で何ができるようになってほしいのか、子供の英語力にどのレベルを求めるのかで、英語教育を始める時期、英語教育にかける時間・費用なども変わってくるはずです。

子供の英語に限らず、言語は基本的に、幼い頃に一時期集中して習えばマスターできるものではなく、長い時間をかけて、精神や能力の成長とともに少しずつ上達していくものです。つまり、幼い子供に英語教育を授ける場合には、保護者は長期間に渡って多方面からサポートをする覚悟と準備が必要なのです。

子供には英語でどこまで期待する?

しかし、長期間に渡るサポートは同じであっても、小学校で始まる英語授業の準備か、将来、ビジネスの場で困らない程度の英語を身につけるためか、日本語と同じように英語を操れるようになるバイリンガルになるためかでは、子供が触れるべき英語量や、必要とされる保護者からのサポートの程度が大きく変わります。

たとえば、小学校での英語の授業にスムーズに取り組み、英語に親しめるようにという配慮であれば、英語教材で英語に触れたり、英語教室のグループレッスンで講師やクラスメートと英語でやり取りしたりする「習い事」としての関わり程度にする。英語でバリバリ仕事ができるようになってほしいのであれば、それに「日常生活での英語による映像視聴」や「オンライン英会話でのマンツーマンレッスン」などもプラスしてみる。バイリンガルを目指すのであれば、さらに「親子留学」や「海外旅行」をしたり、「インターナショナルスクールの入学」なども検討してみるなど、それぞれ違いがあるはずです。

漠然と英語教育を始めると、途中何が必要で何が不要かの判断がつきにくくなったり、いろいろな教材や学習法に手を出したわりに効果が少なかったりと、期待外れの結果が出てしまうかもしれません。子供が生まれると大学までの教育資金を考えるように、英語教育についてもどのレベルまで目指して、そのためにどれだけの教育資金を準備するかを、漠然とで構わないので考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

日本で子供にしっかり英語教育をすると決めたなら、教材オンライン英会話、英語教室、留学など、何かしらのサービスを利用することは避けられないと思います。それらの利用を最低限にし、かつ最大の効果を得るために、英語教育はあらかじめビジョンをもって始められることをおススメします。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ