子供をバイリンガルにしたいのに、英語で話そうとしない

子供をバイリンガルにするため、英語での話しかけを続けているのに返事はいつも日本語。そんなお宅はありませんか。

バイリンガルを目指しているのに、小学生になる子が英語で話さない

子供には、赤ん坊の頃から英語で話しかけていますが、日本語でしか返事をしません。英語を理解しているとは思うのですが・・・。

子供の返事に、あなたは反応していますか?

バイリンガルを目指して子育てしている家庭でよく聞かれる悩みが、保護者は習得させたい外国語で話しかけているのに子供は現地語で返事をするというパターンです。

たとえば日本で、日本人保護者が子供にバイリンガル教育をすることを決心したとします。そのお宅では母親が英語圏への留学経験者なので、子供に英語で話しかけることにしました。赤ん坊の頃からずっとです。ところが子供は間もなく5歳になりますが、いまだに英語で大したことを言えません。基本的に返事は日本語です。これはなぜなのでしょう?

いろいろな要因があると思います。子供の性格もあるでしょう。頑固な子は、一度何かのきっかけで英語で話したくないと決めてしまえば、決して話そうとしないかもしれません。

しかし、生まれてすぐ、子供がまだ言語という認識も持たないうちから英語環境を整え、英語で話しかけていれば、たとえ頑固な子でも自然と英語で話すものだと思います。

では、家庭での使用言語を英語限定にせず、父親との会話は日本語だから? いえ、日本語と英語の多言語環境が、子供のモノリンガル(日本語のみ)の原因にはなりません。

本当の原因は何なのか。

それはおそらく、母親との会話は「日本語でも通じる」「日本語でも構わない」ことを、子供が知ってしまったからです。

バイリンガル児は、2つの言語を常に同時に、同じレベルで覚え続けていくわけではありません。生活環境によって、英語のほうが少し上手だったり、日本語のほうが少し上手だったりという優劣が必ずあります。

人間は本能的に楽なほうへ流れる生き物ですから、もし母親が自分の得意な日本語でも理解し、会話してくれるのであれば、子供は英語で話しかけられても日本語で返します。そのうち羞恥心が芽生えれば、間違いなく不得意な英語では話そうとしなくなります。

子供へのバイリンガル教育。英語で話させるには?

先ほどの例で子供に英語で返事をしてもらうには、母親が子供の日本語の返事に対して何事もなかったかのように会話を進めてしまわないことが大切です。

母親は日本人ですから、子供が何を言ったのか理解できます。でもそこで、まだ子供が小さいのであれば、理解しにくいフリでもして、子供の言ったことを英語で言い直してあげます。

すると、日々言葉を学んでいる幼児は、かなり高い確率で母親の英語をリピートすると思います。それをコツコツ繰り返して、子供の中に「母親=英語」という図をがっちりと確立させます。

子供が小学生くらいになると、母親が日本人であることを知り、自分以外の人とは日本語で話しているのを見て、母親の母語は日本語で自分とだけ英語で話していることを理解します。このときはきちんと向き合って、お母さんとはこれからも英語で話してほしいと伝えましょう。

英語で話してくれてうれしいこと、英語で話せることはすごいことなど、肯定的なことをありったけ子供に伝えます。このくらいの年齢の子供は親が大好きですから、もしそれまでに健全な母子関係が築けていて、子供が英語嫌いになっていなければ、きっと素直にそのまま英語でがんばってくれると思います。

まとめ

英語で子育てをしてきたにも関わらず、間もなく小学校へ入学する年齢なのに保護者と英語で話してくれないのであれば、無理強いしない方がいいと思います。なぜなら、そのことで子供が英語嫌いになったり、英語に対する劣等感を抱えたりするほうが、これからの長い人生での英語と関わりにおいて、ずっとデメリットが大きいからです。

英語圏で母親が日本語で話しかけても子供が英語で返す国際結婚家庭をいくつか知っていますが、その中で、子供が就学年齢になってからようやく母親に日本語オンリーで話すようになったというケースは聞いたことがありません。

英語にしろ日本語にしろ、保護者が子供に話しかける言語は子供が赤ちゃんのうちに決めること、そして一度決めたらその言語で話しかけるだけでなく、その言語で返事してもらうことにも徹底してこだわることが大切だと思います。

もちろん、バイリンガルに育てるなら、子供とは幼児期だけでなく、その言語で一生付き合っていく覚悟も必要です。

■バイリンガル児におすすめの英語環境はこちら

子供をバイリンガルにするなら、英語での映像は教材として欠かせません。どのようにしたら簡単に、そして当たり前のように子供が英語で番組を楽しめるのか。その方法を考えてみました。
楽しみながら英語を覚えられるアニメや子供番組などの映像は、バイリンガル子育ての強い味方です。
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ