バイリンガルの子供が4歳児までに見ていた英語アニメ3つ

英語圏で人気の幼児向け子供番組は何でしょうか。

幼児期にふさわしい英語アニメのおススメは?

3歳の子供にどんな英語のアニメを見せればいいのかわかりません。

我が家で見ていたアニメが参考になれば幸いです。

バイリンガルの子供たちが4歳になるまでによく見ていた英語のアニメと聞いてすぐに思い出すのが、Super Whyです。これは、誰もが知っているおとぎ話を舞台に、4人の子供たちがスーパーヒーローとなって物語の中で活躍するシリーズ。おとぎ話を通して西欧の文化に触れられると同時に、子供向けの英語をたっぷり耳にすることができます。言葉に特化している内容なので、単語のスペルや発音の仕方など、アニメの中で教えてくれます。

たとえばこちらは、「ジャックと豆の木」が収録されたDVD。私も、巨人が口ずさむフィー・ファイ・フォー・ファン(Fee-fi-fo-fum)を何度一緒に聞いたことか! 子供は、気に入ったアニメは何度でも繰り返し見てくれます。

次に思い出すのが、Caillou。日本語ではケイルーと訳されていますが、実際の発音はカィユーという感じです(フランス語からでしょうか)。こちらは小さな男の子が主人公なので、幼い子が日常の中で家族や友だちとする会話をたくさん聞くことができます。おばあちゃんとの会話やキッチンでの会話など、子供の生活に根ざした身近な英語ばかりです。

最後にご紹介するのは、Max & Rubyです。こちらは、ウサギの姉と弟が主人公。しっかりもののお姉さんと、言葉数はまだ少ないけれど好奇心いっぱいの弟を中心に話が進みます。女の子のほうがしっかり者なのは世界共通なのでしょうか。ときどきする母親のような口ぶりが微笑ましいです。

英語圏のDVD視聴を子供の生活の一部にするなら

輸入盤のDVDを見るときには、リージョンコードにご注意ください。我が家はリージョンフリーのDVDプレーヤーを購入したので、英語でも日本語でもコードを気にせず見せることができました。これがあると、いちいち心配することなく、子供が気に入ったアニメを選べるので便利です。

まとめ

幼児期の言語の習得において、映像の影響力は大変大きいものです。子供は気に入ったアニメを何度も繰り返して見るうちに、語彙を増やし、表現を覚え、話の筋を理解してしまいます。

我が家も、英語と日本語でかなりたくさんのテレビ番組を見せましたが、今振り返ると、あの時間がなければ子供たちのバイリンガルは不可能だったと思います。

■子供をバイリンガルにするため、DVDもケーブルも活用しました。

バイリンガル育児にぜひ取り入れたい英語での映像視聴。幼児がテレビを見るのは、そんなに悪いことなのでしょうか?
楽しみながら英語を覚えられるアニメや子供番組などの映像は、バイリンガル子育ての強い味方です。
子供をバイリンガルにするなら、英語での映像は教材として欠かせません。どのようにしたら簡単に、そして当たり前のように子供が英語で番組を楽しめるのか。その方法を考えてみました。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ