必ず成果をあげる子供の英語教育法は?

英語教室に通わせたり、英語教材を活用したりして、本当に子供の英語力は伸びるのでしょうか。

子供が通う週1の英語教室は効果があるのか

子供を英語教室に通わせているが、英語力が上がっているか疑問です。

何を基準に比べるかで、評価が分かれるのではないでしょうか。

子供を英語教室などへ通わせる際、何を期待しますか? たとえば、英語に関しては週1で教室(グループレッスン)に通う習い事のみだとしましょう。その場合、具体的には

  • 英語で問題なく話せるようになってほしい ⇒ 難しいと思います
  • 英語で問題なく聞き取れるようになってほしい ⇒ 始める年齢と教室の指導法によっては、ある程度可能かもしれません
  • 英語の発音が上手になってほしい ⇒ 始める年齢と教室の指導法によってはある程度可能かもしれません
  • 英語を楽しんでほしい ⇒ 可能だと思います
  • 英語を好きになってほしい⇒ 可能だと思います

このような感じだと思います。しかし、まったく通わせない状態と比べたら、ずっと効果があると言えるのではないでしょうか。少なくとも、

  • 英語を発さなければならない機会がある
  • 英語で理解しなければならない機会がある
  • 英語の発音について、矯正してもらえる
  • 英語で楽しめる

これらは、日本で暮らしている限り、日常生活の中では得られない体験です。子供は好奇心が旺盛で何でも楽しむ天才ですから、英語教室での体験は子供の英語力に大きなプラスの影響を与えると思います。

子供の英語への効果を疑う前に、ゴールを明確にする

子供を英語教室へ週1回ほど通わせるだけで、果たしてどの程度効果があるのかと悩んでいる保護者は、子供の英語力が具体的にどうなることを期待しているのか、もう一度ご自分で整理してみてください。

リスニング力の強化を目指すなら、おうちで毎日、英語の音を耳にする教材を活用したほうが効果があるかもしれません。スピーキング力の強化を目指すなら、教室通いに加えて、オンライン英会話などマンツーマンで英語を話す機会を週に複数回設けてあげる必要があると思います。それでも効果はただちに出るものではなく、半年、1年、1年半と続けてみて、やっとじんわり、以前との違いが見られるようになるといった感じではないでしょうか。

まとめ

何事も期待する成果に対して手段を誤れば、その成果を出すことは難しいと思います。

特に語学は、コミュニケーション力を重視する場合、点数などの数値で実力が上がった分を把握できません。また、保護者など判断する側に十分な英語力がなければ、子供のわずかな英語力向上を認知することも難しくなります。子供の発音がカタカナ英語ではない、外国の人と話せたなど、わかりやすい出来事がなければ、英語力が上がっていると認めにくいのではないでしょうか。

子供の発音が大きく上達したり、外国の人と英語で会話するには、おそらく週1の教室通いだけでは不十分です。保護者は子供の英語力に期待するレベルを明確にしたうえで、教室ばかりでなく教材オンライン英会話英語での映像視聴などを使って総合的に、子供が英語に触れられるようにしてください。

その際、ハードになり過ぎて子供が英語嫌いにならないよう十分気をつけてください。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ