小学生になる前の習い事で、子供は英語が話せるようになる?

子供に英語を習わせるだけで、本当にいつか話せるようになるのでしょうか。子供の英語教育について悩んでいる保護者は多いと思います。

子供が英語で話せるようになるために必要なこと

子供には英語を使えるようになってもらいたいけれど、週に一度、2時間程度英語教室へ通わせるだけで話せるようになるのでしょうか。

それだけでは無理だと思います。しかし、だからと言って何もしなければ、英語に関する知識も体験もゼロのままです。

英語と日本語を同時進行で身につけていくバイリンガルでなく、母語として日本語が先に身についている子供(小学校入学前くらい)が、後から英語を学んでいくケースを考えてみます。

子供の英語教育について考え始めた保護者にとって真っ先に浮かぶ疑問は、おそらく「果たして、週一の英語教室(オンライン英会話、教材など)で子供は英語が話せるようになるのだろうか」というものだと思います。端的に言えば、それだけで話せるようにはならないでしょう。幼児とは言え、外国語はそれほど簡単に身につくものとは思えません。たとえば、アメリカ人の夫婦の子供がアメリカで週に一度日本語教室に通っているからと言って、私たちと日本語で不自由なく会話できるようになるでしょうか。想像できないですよね。

日本人の子供が日本で英語を話せるようになるには、生活環境を英語重視に変えたり、英語で「聞く」「話す」「読む」「書く」の4つの技能をバランスよく伸ばせるよう子供に複数の習い事をさせたり、親子で海外へ出たりなど、保護者も積極的に参加しなければ到底間に合わないと思います。子供の外国語習得に向けて家族全員で協力しあう体制がなければ、英語で問題なく話せるようになることは難しいのではないでしょうか。

なぜ子供の英語教育を始めるのか

それでは、不自由なく話せるようになるところまでは行かないとわかっていながら、子供を英語教室へ通わせるなど、保護者はなぜ英語教育を始めるのでしょうか。その理由を考えてみると、

  1. 間もなく小学校での英語教育が3年生から始まるので、英語は避けて通れない
  2. 子供が早いうちに英語で挫折感を経験しないよう準備させておきたい
  3. 英語で楽しむことで、英語好きになってほしい
  4. 英語の発音に慣れさせたい
  5. 英語での思考と発話に慣れさせたい
  6. 将来、子供が自らの選択で英語に取り組む際の土台となるよう、基礎力を授けたい

これら6点が主な理由ではないかと思います。これ以上を望むのであれば、親も英語漬けになり、経済的にも子供が英語力を伸ばすのを全面的にバックアップする覚悟が必要だと思います。

まとめ

週一の習い事レベルの英語では、不自由なく話せるようになることは難しいですが、子供が英語を好きになるためには十分効果的です。「好き」という気持ちのエネルギーは大きく、子供の人生を左右する可能性もあります。たとえば将来、子供が自ら英語に取り組み、英語を使ってグローバルに仕事をする人間へと成長すれば、習い事の英語が大きな効果を生んだことになるのではないでしょうか。

小学校入学前に英語を始めれば、バイリンガルに近い英語力を身に着けることも可能です。ただし、日本で日本人の保護者のもとでそうなるためには、家族全員が英語重視の生活を送る覚悟が必要になると思います。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ