幼児から小学生までの子供の英語力は、親の苦労に比例する?

親は英語が苦手だけれど、小学生になる子供には英語がペラペラ話せるようになってもらいたい。それは可能なのでしょうか?

小学生になる子供に高い英語力を求めるなら、親も苦労する必要がある?

私は英語を上手く話せませんが、子供にはバイリンガルのようにペラペラになってほしいと思っています。

保護者の方も積極的に英語と向き合っていれば、大丈夫だと思います。

子供に高い英語力(成績ではなくコミュニケーション力)を求める場合、親の苦労が欠かせないのではないかと感じます。子供が英語を上手に使いこなせる家庭ほど、その親も授業料などの費用や送り迎えだけに関わらず、英語で苦労している(あるいは苦労した)経験があることが多いのではないかということです。

たとえば、子供のオンライン英会話で、その場で直接講師に何か伝えたい場合、講師が英語しか話せなければ親も英語で話す必要があります。幼いうちに留学させたければ、親も一緒に海外までついて行って、何かあったときには英語で言いたいことを伝えなければなりません。インターナショナルスクールに入学させようとしたら、教師が英語しか話さないこともあるでしょうし、学校からの連絡はすべて英語ということもあるでしょう。

また、子供をバイリンガルにしたいなら、家で英語でテレビ番組を見て一緒に笑える英語力を身につける過程で、あるいは、国際結婚をしていればパートナーと日常的に英語で話すことを通して、保護者も英語とガッツリ向き合わざるをえない(えなかった)はずです。日本語を母国語として先に身につけた親は、若い頃あるいは現在進行形で英語に取り組み、語りつくせないような語学上の苦労を経験してきたと思います。

幼いうちから英語を「身近な環境」にできる子ほど英語が上達するので、それには保護者を含む家族を巻き込まないわけにはいきません。つまり、そのような家庭では、保護者もすでに英語力がある、あるいは現在進行形で英語に真剣に取り組んでいると言えるのではないでしょうか。

親が英語を話せなくても、子供は将来自分の意志で英語を学ぶことができる

しかし、このことは、英語を話せない保護者の子供は英語が上達しないと言っているのと同じではありません。あくまで、子供が「習い事などだけを通して」身に着ける英語力にはある程度限度がある、ということです。

習い事や小学校などの授業のみで英語に触れた子供が成長し、自らの意志で英語圏への高校留学、大学留学などを果たせば、おそらく苦労しながらもしっかりした英語力を身につけて帰ってくると思います。そしていつか、自分の子供にバイリンガル教育をするようになるかもしれません。

つまり、親が子供を英語が話せるようにするのは難しくても、子供は将来、自らの力で苦労しながら英語を話せるようになれるということです。

まとめ

子供に英語を使いこなす力を求めるのであれば、親もともに苦労する覚悟が必要だと思います。わかりやすい簡単な目安として、親が毎日何らかの形で英語を使わなくても済む環境では、子供の英語も「ペラペラ話したりスラスラ書いたりする」レベルにはなるのは難しいということです。子供に高い英語力を求めるのであれば、一緒になって保護者も積極的に英語と向き合う必要があるのではないかと思います。

親の英語力と小学生未満の子供の英語力が比例することは、必ずしもどのご家庭にも当てはまるとは思いませんが、その傾向はあるように思います。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ