小学生の子供に、英語を使って強烈に楽しい体験をさせたい

親子留学も普通の海外旅行もいいですが、ほかに何か選択肢はないでしょうか。ちょっと変わった海外体験が、子供の英語力アップにつながるかもしれません。

「最高に楽しかった!」この思いが子供の英語力を伸ばす

小学生の子供に英語を使う機会を与えたいので、海外へ行くことを考え中です。

親子で楽しみたいなら、ちょっと変わった旅もあります。

子供をバイリンガルに、あるいはそこまで行かずとも英語を身につけてもらいたいと真剣に考えるなら、積極的に英語を使って楽しい体験をさせることは必要不可欠です。

我が家も子供たちに日本語を身につけさせるため、帰国はもちろん英語圏の現地で日本語を使い日本文化を感じられるイベントには積極的に参加させました。その効果は絶大です。日本が大好きになった子供たちは、自ら日本語に取り組み、日本語で読書を楽しむようになりました。

海外へ行くにはまとまった金額が必要になるので、回数が限られてくる家庭もあると思います。ですから、早くても子供の記憶に残る5歳くらいから子供自身の生活が忙しくなる前の小学生くらいまでの間、最も効果が高い時期に絞って、ぜひ親子で英語圏へ行ってみてください。幼児期のうちは飛行機代が低く抑えられますが、子供の英語力への効果という点から考えるなら、記憶に残らない時期の海外行きはあまりおススメしません。

子供の英語体験のために、親子留学、海外旅行、そして・・・

親子留学や海外旅行というと、飛行機で行って現地で語学研修等に親子で参加する、あるいは現地の観光地を歩き回るということになると思います。子供の英語教育においてそれぞれメリットはあると思いますが、一風変わった海外体験として「クルージング」もひとつの選択肢になるのではないでしょうか。

海外でのクルーズ旅行の中でも、子供向けとして人気なのがディズニー・クルーズラインです。カリブ海のクルーズに参加されたご家族と話したことがありますが、そこのお母さんいわく、とってもとっても楽しかったのだとか。写真をたくさん見せながら興奮気味にいろいろ話してくれました(笑)。

何よりも良かったのが、船全体が動くディズニーリゾートのようなので、あちこち忙しく歩きまわったり、何かを探したりすることなく、家族全員が夢の中にいるような日々を過ごせたこと。アクティビティもエンターテイメントも充実しているので、飽きることなく、そしてどっぷりと英語に漬かりながら、ふたりの子供たちは楽しく過ごしたそうです。そんな子供たちを見ながら、お母さんは食事の心配をせず日常から解放されて、最高にのんびりできたそうですよ。

日本から海外旅行へ行くと、実は移動時間に大きな時間を取られ、体力的にゆっくりできないことも多いのですが、クルーズだとすべて船で完結するので、美しい海を眺めながらのんびり過ごせたそうです。子供たちにとっても、一生忘れられない楽しい思い出となったそうですよ。

まとめ

子供の英語上達を願うなら、英語での楽しい体験、心に残る思い出をつくるよう心がけてください。そこで芽生えた英語に対する肯定的な思いが、その子の英語人生を左右すると思います。

言葉は使って通じてこそ楽しいものです。英語でこんなに楽しいことをしたという思い出は、きっとその子の英語力アップの原動力につながるのではないでしょうか。


ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ