コミュニケーションか成績か、小学生の英語教育は何を重視すればいい?

英語が苦手とされる日本人。小学校で英語が始まり、中学受験では英語が受験科目になるなら、子供の英語教育は何を重視して進めればいいのでしょうか。

早期英語教育。第1の分かれ目

小学校での英語の授業や受験を考えると、どのような英語教育をすべきか悩みます。

何を重視するかある程度方針を決めつつ、英語教育を進めるといいと思います。

幼児期に英語教育を始めた家庭の場合、最初は順調に進むと思います。絵本を使って英語の読み聞かせ音声を聞かせたり、ネイティブの単語の発音を繰り返し聞かせることで、子供も自然にネイティブの発音を真似します。

ここまでの過程は、簡単に言えば、ネイティブの子供たちとあまり変わりません。

しかし、子供が3歳くらいになって、「環境」が子供の言語発達に大きな影響を持つ頃になると、当然保護者は苦労します。ここが第1の分かれ道。保護者は、子供にどんなレベルの英語を身につけさせたいのか、ざっくりと決めなくてはなりません。

たとえば、以下のようなものがあるでしょうか。

  1. 日英バイリンガル
  2. 英語の発音が上手で、母国語ほどとは言わないまでも英語でのコミュニケーションに不自由しない
  3. 英語の発音が上手で、外国語としてそれほど抵抗なく英語を使える

この3つによって、保護者が子供に与える英語環境は大きく違ってくると思います。

バイリンガルを目指すなら、中学を卒業し高校生になるくらいまで、親はひたすら子供が英語を使わなければならない環境を用意するようがんばってください。

英語で不自由しないレベルにしたいなら、習い事に加えて教材等を使った何らかの自宅学習も必要だと思います。

必要に応じて外国語として英語でやり取りできる程度の場合は、週に1~2度の習い事で間に合うかもしれません。

早期英語教育から続く、第2の分かれ目

そして、子供は小学校へ入学します。高学年へと進むにつれて、第2の分かれ道がやってきます。

  • このまま英語のコミュニケーション力を伸ばすか
  • 受験英語への対応力を伸ばすことを重視するか

これら二者は、現時点の受験内容では容易に両立できないようなので、選択を迫られます。

コミュニケーション力を伸ばしたいと考える場合、子供が将来英語を使ってグローバルに仕事をするハードルを低くしてあげられます。

受験力を伸ばしてあげたいなら、一流大学を卒業させ、将来一流企業へ就職できる可能性を高めてあげることができます。

しかし、二者のどちらかを選んだとしても、その先は未知数です。

たとえば、コミュニケーション力があっても、肝心の子供はグローバルに仕事をしたいなんて思わないかもしれません。

受験力があっても、子供は一流大学へ合格しないかもしれないし、一流企業へ就職しないかもしれません。また、英語については、結局保護者世代と同じ道(テストで高得点が取れても、実際には使えない)をたどることになるかもしれません。

まとめ

保護者は、子供の英語教育を始める際、漠然とでいいので将来目指す方向性を決めておくといいと思います。

しかし、だからと言ってそれに縛られる必要はなく、子供の成長を側で見守りながら、子供の意志、性格、適正、環境、その他もろもろを考慮して、必要に応じて方向を修正してもいいのではないでしょうか。

要は、子供の人生を豊かにするための英語教育だと思います。

精神的、経済的など、各保護者にとって「豊か」の意味する定義は違うと思いますが、どの場合でも言えるのは、英語教育は長期にわたってサポートしないと成果が出ないということ。

せっかく子供のためを思って早くに始めた英語ですから、途中で止めずに続けたいですね。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ