小学校での英語を前に、準備は入学前後の年齢からでも大丈夫?

小学生になると、やがて3年生から英語の授業が始まります。その後、高校卒業や大学まで続く我が子の英語との関わりを考えると、やはり3年生になるまでには何か準備をさせたいですね。

半数以上の子供が英語を習っている?

3年生から英語の授業が始まるので、今年小学生になる子供に英語を習わせようと思っています。

小学校での英語の授業を考慮して始めるのであれば、子供が英語を好きになるようにすることが大切だと思います。

小学校3年生で英語の授業が始まるのは2020年から。間もなくです。

高学年になると英語は教科化するため、私立中学校の受験科目となることが考えられます。

さらに、中学生になると基本的に英語の授業は英語で行うことになるので、子供たちは親の世代以上に英語と長い付き合いをすることになります。

そのような中、2017年に某大手学習塾が、小学生~中学生の保護者を対象にアンケート調査を行いました。

結果、その半数以上が「子供は小学校3年生までに学校以外で何らかの英語学習をしている」と答えました。

小学生の英語、ギリギリで1つだけ始めるならどれ?

小学校での英語の授業を念頭に、子供が入学前後の年齢になってから準備をスタートさせるなら、英語教室やオンライン英会話が一番効果的ではないかと思います。

英語についてまだ何も知識がないうえ、すでに日本語が母語として身についているので、聞き取りや発音はひとまず脇へ置いておきます。

それよりも、ゲームをしたり、会話をしたりして「実際に英語を使って楽しむ」ということに重点を置いたほうが、これからの長期にわたる英語教育をスタートさせるにあたり、もっとも効果的ではないでしょうか。

英語に対して「できない」とか「人よりも劣っている」と苦手意識を生むことなく、楽しんで授業を受けられるようにすることが、もっとも肝心です。

利点
英語教室
  • 講師と英語で会話できるので、英語で意志疎通することの楽しさを体験できる
  • ゲーム感覚、遊び感覚で楽しめるので、英語に対してポジティブに向き合える
  • 同じ年頃の友だちと一緒に参加できるので、人前で英語を使って話すことに抵抗感がなくなる
オンライン英会話
  • 講師と英語で会話できるので、英語で意志疎通することの楽しさを体験でき、英語に対してポジティブに向き合える
  • 基本的にマンツーマンなので、講師が子供の英語力に合わせやすい
  • 基本的にマンツーマンなので、グループレッスンの英語教室と比べて子供が発話するチャンスが多い
  • 英語を使って話すことに対して子供の抵抗感がなくなる
  • 送迎など、保護者の時間的負担が少なくて済む

今までの小学校高学年での授業から考える限り、3年生からの英語は、これらのどちらかに通っていれば、まず対応可能だと思います。

子供の性格を考慮しながら、近くに通わせやすい、評判のいい英語教室があればそちらを見学してもいいですし、英語教室が見つからず保護者も忙しいということであれば、オンライン英会話を利用すると便利です。

こちらも無料体験できるところがほとんどですので、一度試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

小学生を境に子供の英語教育について悩まれる保護者は多いと思います。

これからの子供は、高校卒業まで最低10年間は英語と付き合うことになるので、スムーズなスタートを切らせたいと願うのは親心ですよね。

あくまで「小学校での英語教育のため」と割り切って考えるのであれば、英語教室やオンライン英会話などを1つだけ、小学生になるタイミングで始めても、効果はあると思います。

ただし、発音やリスニング力、不自由のない会話力などまでしっかり伸ばしたいと考えるなら、これだけでは不十分ですし、始める年齢も大切になります。

求めるレベルに応じて、より早い時期からほかの英語学習活動と並行することが必要となるので、気をつけてください。

小学生で英語を学ぶにあたり、子供が英語を教科ではなく言語として身につけるためには、実際に話す機会をもつことが大切です。子供向けオンライン英会話について調べてみました。
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ