子供の英語教育で迷わないための3つのポイント

子供の英語教育について悩む保護者は多いと思います。なぜ、いろいろな迷いや不安が出て来るのでしょうか。

子供の英語教育に悩みや不安を抱きやすい、私たち保護者

幼児期からずっと英語教室と教材を続けているのに、子供は英語で話しませんし、英語に特別な興味も示しません。小学校になれば英語の授業があるので、成績が気になります。

もう一度、子供に英語教育をする理由を見つめ直しませんか?

英語教育について悩む保護者は多いと思います。

保護者世代は、読む書き中心の英語教育を受け、実際、ネイティブスピーカーとスムーズにコミュニケーションを取れない日本人英語教師に教えてもらうことも多かったと思います。

それでもなんとかなったのが、かつての、成績や受験重視の英語教育でした。

そんな保護者には、我が子の英語教育について考えるとき、迷いや悩みの引き金となる要因がいくつかあります。

  • 自身は「聞く」「話す」重視の英語教育を知らない
  • 自身は、英語での読み書きはある程度できても、会話ができない
  • 英語が小学校の科目となるのであれば、やはり成績が気になる
  • 英語が中学・高校・大学受験の科目となるのであれば、やはり受験対策が気になる
  • 習い事として進めて来た子供への英語教育の成果は、短期では出にくく、見えにくい

このような要因が絡み合って、「子供への英語早期教育は意味があるのか?」「小学校3年生になる前に英語教育を始めるべきか」「英語教室へ行っていれば話せるようになるのか」「英語の習い事をしていれば成績が上がるのか」など、様々な悩みや不安を抱えるようになるのではないかと思います。

子供になぜ英語を学ばせたいのか? 本来の目標を再確認する

保護者の多くが、自身が英語で苦労したから子供には同じ思いをさせたくないと考えていると思います。

胎教、あるいは幼児教育として早くから子供を英語に触れさせてきた家庭も多いでしょう。

小さい子供に読み書きは難しいので、そのような家庭では「英語でコミュニケーションが取れる」ことを重視して、リスニング力、スピーキング力をつけることから始めたと思います。

実際、幼児はいとも簡単にネイティブスピーカー同様に発音し、日本語にはない音を聞き分けます。

英語に限らず、言語を身につけていく過程というのは、本来長い時間がかかるものです。

何をもって「身につけた」とするかは各自違うと思いますが、母国語である日本語ですら、考えようによっては生涯をかけて身につけていくものです。

日本で生まれ、24時間日本語に囲まれ、日本語で教育を受け、仕事をしても、使ったことのない表現や未知の言葉、読めない漢字に出遭うことがあるのです。

日本で習い事として英語を学び、それが目に見える成果となって現れるのに時間がかかることは、まったく不思議ではありません。

英語教室やオンライン英会話、英語教材の成果がすぐに出なくても焦らず、子供の長い人生の中で総合的に判断して早期の英語教育がプラスになれば良い、という程度に考えていると、保護者も精神的に楽です。

英語の成績や点数を上げるテクニックは後付けでもできる

コミュニケーション力を最優先にして幼いうちから英語を学ぶと、大きくなってからでは大変な苦労を伴う発音、聞き取りが比較的簡単にできるようになります。

また、英語の成績や点数を上げる力は、本人のやる気次第で後からでもそこに上乗せできます。

保護者は、子供に集中力や理論的に分析する力などを身につけさせるよう心がけ、子供が将来を見据えて英語の成績や点数アップも大切だと納得できるよう導くことが大切だと思います。

これを逆にして、初めから成績や点数重視で英語教育を進めてしまうとコミュニケーション力を後付けするのに大変な労力がかかります。

これでは、せっかく幼児期から始めた英語教育が本末転倒。保護者世代と同様の英語になってしまう可能性があるので、注意してください。

まとめ

保護者の轍を踏ませないよう子供の英語教育を進めたいのであれば、

  1. 英語教育の成果を短期で求めない。長い時間がかかることを覚悟する
  2. 幼児期はリスニング、スピーキングを重視する
  3. 成績や点数アップの技術は後付けでも間に合うので、必要な時期になったら本人がやる気を出すよう導くことを日頃から心がける

この3つを心に留めておくと、迷いや不安で方針がぶれることがないのではないかと思います。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ