小学校での英語を前に、きちんと考えたい幼児期の英語教育

小学校で英語の授業は3年生から始まります。多くの保護者が、我が子が小学生となる前に、一度英語教育について真剣に考える必要がありそうです。

幼児期に英語を始める理由3つ

小さい頃に英語を始めるほど、音の聴き取り、発音が良くなると聞きます。

一般にそうだと思います。加えてもう1つ、幼児期に英語を始めることの大きな利点があります。

動画などで子供たちが英語で話す姿を見かけることが多々あります。

そのとき気になるのが、いつも子供たちが質問に答えるだけの「一方通行」であること。

動画撮影との状況に緊張しているのかもしれませんし、小学校低学年頃と思われる子供の年齢を考えれば大人からの質問に答えるだけの形になりやすいことも理解できます。

しかし、この子供たちは、カメラの回っていないところで英語を話すとき、果たして自分からどんどん質問を投げているのでしょうか。

幼児が英語を身につける能力には目を見張るものがあります。

最初はたどたどしくても一生懸命真似て、あっという間にネイティブのように発音し始め大人から英語で話しかけられても普通に理解できるようになります。

これは私も、実際に我が子が日本語と英語を身につけていく過程で目撃しました。

加えて、幼い子供たちがすごいのは、羞恥心がないということです。

恥ずかしいと感じる間もなく知りたい気持ちが先に溢れて、質問の言葉が次々と出て来ます。

それらはまだ拙いものですが、ネイティブの大人には理解できます。

これを繰り返すうちに子供たちは、信じられないほど短期間のうちに言語を身につけてしまうのです。

幼ければ幼いほど、羞恥心は感じないと言えると思います。

母国語、外国語などという概念すら持たないうちから2つの言語に触れ、使い、自分のコミュニケーションツールにしてしまうと、その後も英語を楽に吸収できます。

成長するほど、子供にとって英語で話すために超える壁は高くなる

ところが、成長とともに子供には羞恥心が芽生えます。

これはこれで微笑ましいことなのですが、英語学習という観点から考えるなら、これは超えなければならない障害物になりうると言えます。

羞恥心を持つということは、逆を言えば「上手でないことを自覚している」ということ。

この時点までに英語で話すことが当たり前になっていないと、おそらく子供は自ら英語を話そうとはしません。

なぜなら、下手だと思っていることを人前でするのは恥ずかしいからです。

大人であれば、自らの動機付けで「下手なのだから練習して上手くなる」と開き直ることもできるのですが、自分の意志というより親の意向で英語学習をする子供たちは、恥ずかしければなかなか英語を話しません。

こうなると、英語教室の講師の資質や親の家庭での英語環境づくりなど、さまざまな工夫と働きかけが必要になります。

まとめ

小学生からの英語教育が決まって、子供たちは早いうちから英語に触れることになりました。

言語は早期に触れることで大きな効果を生むことが可能です。

成績が良くても話せない、いわゆる今までの「日本人の英語」を子供に繰り返させないためにも、子供が生まれたら一度しっかり今後の英語教育について考えてみてはいかがでしょうか。

★あわせて読みたい★

子供がネイティブ並みの英語の発音を身につけ、聞いたことを英語のまま理解し、言いたいことを英語で考えられるようにするには、どのような教材があるでしょうか。比較してみました。
小学生で英語を学ぶにあたり、子供が英語を教科ではなく言語として身につけるためには、実際に話す機会をもつことが大切です。子供向けオンライン英会話について調べてみました。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ