子供の英語なら文字は後回し?まずは「聞く」「話す」から

英語圏の幼い子供が英語で言葉を発するのを聞くと、可愛いのはもちろん、当たり前のことながら大人である私よりもずっと上手なその発音に感心してしまいます。日本人の子があのような発音を身につけることは可能なのでしょうか。

簡単ではないが、不可能でもない! ネイティブ並みの英語の発音

日本人の子供でも、ネイティブ並みの発音を身につけられるの?

はい、身につけられます。

日本人の子供でも英語の発音がきちんとできるようになるのかと聞かれたら、自信をもって「できるようになる」と答えます。しかし、それは一朝一夕にはできないことも付け加えておきます。

ネイティブ並みの発音にこだわるなら、子供が幼いうちから自然な英語にたくさん触れさせる必要があるので、保護者のサポートがとても大切になります。保護者の方が英語が得意であれば、英語で絵本を読んであげる、子供に英語でたくさん話しかける(そして、できれば成長後もそのまま子供との会話は英語でとする)。

もし保護者の方があまり英語が得意でないなら、英語の子供番組を見せてあげる、英語のラジオを流して聞かせる、絵本を見せながら英語で朗読されたものを聞かせるなど、できる限り英語環境を用意してあげてください。

もちろん、一日中子供の側にいる保護者は、一緒に英語環境の中へどっぷりつかることになります。大変かもしれませんが、子供の英語のためと覚悟を決めて、一緒に楽しんでみてください。

モノリンガルのまま日本語に子供の舌が慣れ、耳が慣れ、それがある程度しっかりしてしまうと、英語をネイティブ並みの発音で話すことは難しくなります。

英語圏の子供たちは、どうやって英語を習得していくの?

英語ネイティブの子は、言葉をどうやって覚えていくの?

日本人が日本語を身につけるのと変わりません。

英語で話している人々を見ると、まるで別世界のことのように見えますが、当然のことながら母国語の身につけ方は日本人が日本語を覚えていくのと変わりません。親や身の回りの大人が話しかけるうちに音を覚え、意味を理解し、単語を真似て発するようになり、会話を始めます。

4歳になると保育園などでアルファベットを習います。5歳になると、単語だけか簡単な英文を使っている絵本などを学校では先生と、家では保護者と読み始めます。

このとき、特に保護者は心地いい環境(英語で読む=気持ちのいい、うれしい、たのしい体験)を整えることを心がけます。映画などでも、寝る前の時間、ベッドに入っている子供に親が絵本を読んでいる姿を目にしますね。

楽しく覚えさせる!英語で歌遊び

英語にも子供向けの歌や遊びがあります。いくつかご紹介しましょう。

・The I Spy Song

・Itsy Bitsy Spider

・Bingo Dog Song

・The Feeling Song

I spy、Bingoなどは、お子さんとの遊びにも使えますよ。I spyではお子さんと交替で問題を出し合ったり、Bingoでは例えばNのときには歌う代わりに手を叩くなどして、親子で楽しんでくださいね。

動画サイトで検索すると、これら以外にもたくさんヒットすると思います。ぜひお気に入りを見つけて、お子さんの負担にならない範囲で見せたり聞かせたりしてください。

まとめ

子供に英語を教えるなら、きちんと発音もマスターしてほしい。そう考える保護者も多いと思います。これを実現し、かつ子供に負担がかからない形にしたいなら、3歳までには英語教育を始めたいところ。大好きなお父さん、お母さんが英語が聞こえる環境の中でニコニコ過ごしていれば、子供は楽しく感じながら自然にネイティブの発音を真似し始めると思います。

この時期は、子供自身よりも保護者がポジティブに、どこまで子どもの英語をサポートできるかが大切だと思います。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ