子供の英語環境を整えるためのヒントを探る

バイリンガルの子供たちは、私たちが日本語を身につけるように、何の抵抗もなく自然と英語を使うようになりました。その様子と、英語環境を振り返ります。

子供はどうやって英語を身につけるのか

英語圏では子供たちがどうやって英語を身につけていくのか、興味があります。

基本的に日本人の子供たちが日本語で話し始めるのと変わりません。

我が家は夫が外で働き、私が家にいるパターン。英語での話しかけは夫からのみで、子供たちは、通園まではどちらかと言うと日本語のほうが上手でした。(注意書きがない場合、ネイティブとは大人のネイティブスピーカーです)

年齢 英語力 環境
1歳前後 発話する。最初は単語らしきもののみ。

英語で話しかけられた簡単な内容を理解できる。

ネイティブによる話しかけ、ネイティブ英語のシャワー(映像など)
2歳頃 英語で文章らしきものを言うようになる。最初はerの発音など上手ではなかった。しかし、ネイティブがときどき直してあげたり、ネイティブの英語を日常的に耳にしているうちに自然とできるようになる。

2~3語の言葉をつなぎ合わせて、英語で会話らしきものをするようになる。

ネイティブによる話しかけ、ネイティブ英語のシャワー(映像など)
3~4歳 語彙がだいぶ増え、会話量も増える。

文字に興味を持ち始めるので、アルファベットの書き方を教える。

遊びや日常生活などを通してネイティブによる話しかけ、ネイティブ英語のシャワー(映像など)、英語絵本の読み聞かせ
5歳~ 語彙、会話力ともにあっという間に大きく伸びる。 幼稚園に行き始めたので、一日の大半を英語で過ごす。日常生活を通して、同年代の子供や大人のネイティブスピーカーと英語でのやり取り。家庭での英語での会話。

個人的には、5歳くらいまでの英語との関わり方がその後に大きく影響を及ぼすと感じます。

まとめ

英語教材、映像教材、英語圏の子供向け番組、英語教室、オンライン英会話、海外旅行など、工夫次第で英語環境や子供が英語を好きになる環境はつくれます。

上の表はあくまで我が家の場合なので、各家庭環境、子供に求める英語力、子供の性格等にあった英語教育を考える際のヒントにしていただけたら幸いです。

★バイリンガル教育を考えているなら・・・

日本でバイリンガル児を育てる際、英会話学習ではどんなことに気を付けるべきでしょうか。
バイリンガルの子供が4歳児になるまでよく見ていた英語アニメを3つ、思い出してみました。
楽しみながら英語を覚えられるアニメや子供番組などの映像は、バイリンガル子育ての強い味方です。
子供をバイリンガルにするなら、英語での映像は教材として欠かせません。どのようにしたら簡単に、そして当たり前のように子供が英語で番組を楽しめるのか。その方法を考えてみました。
子供をバイリンガルに育てる際、小学校入学など大きく環境が変わる節目は大事なポイントです。
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ