小学校での英語を意識したうえで考える、家庭での英語環境

小学校での英語教育を前に気になる子供の英語力。もしきちんと力をつけさせたいなら、どうするのが子供にとって一番楽で、もっとも効果的でしょうか。

小学生の子供に英語で会話できるようになってもらいたい

小学生の息子に英語力をつけさせるために、親はどんなサポートに力を入れるといいでしょうか。

子供を英語嫌いにしないためには、英語をできるだけ日常の中に取り入れて目立たないようにするといいかなと思います。

小学校3年生で英語の授業が始まることが決まって、もしかしたら子供より保護者のほうが気になっているかもしれませんね。

単刀直入に言って、子供に英語で話せるようになってもらいたいなら、「英語で話すことはまったく特別なことではない」と思えるような環境を用意できた家庭ほど、おそらく成功すると思います。

たとえば、私たちが日本語で話すことについて外国の人から「すごい! 日本語ペラペラですね!」と言われたら、あなたはどう思いますか?

おそらく「そんなの当然じゃない。何を言ってるの?」と内心思い、いぶかしげな表情になるかもしれません(笑)。

これと同様に、英語で話すことは、特別なことでも、格好いいことでもありません。

私たちが日本語で「今日スーパーでお肉の安売りをしていたから、夕ご飯は焼肉ね」とか「お母さん、明日は学校で体育があるから体操着を用意しておいて」とか、何気ない会話をするのとまったく同じことなのです。

こういう感覚を子供が英語に対してどれくらい持てるか、英語に対してそう感じられる環境を保護者がどれだけ用意できるかで、子供の英語力は変わってくると思います。

「英語で話すことは当たり前」となる環境にどれだけ近づけるか

しかし、日本語を母語とする親が日本で子育てをする場合、当然、子供に英語環境を用意するにはそれなりの努力が必要になります。

英語力全般を伸ばしたいなら、英語教材や英語教室、オンライン英会話などを活用したり、英語での映像視聴や読書がすぐにできるよう、動画やポッドキャスト、洋書など、子供が思いついたときにすぐに手を伸ばして利用できるような状態にしておくことが必要です。

子供は褒めて伸ばすという考え方がありますが、確かに子供に対して「英語ができてすごいね」と褒めることは大切だと思います。

しかし、その際、英語を学ぶことが本人にとって「他人より余計にしなくてはならないこと」「やりたくないけどやらなくちゃいけないもの」と思わせてしまわないよう気を付けてください。

子供が英語嫌いになってしまうかもしれないからです。

いったん嫌いになってしまうと、いくら褒めても本人にはすでにやる気がないので、どんな英語教育も無駄になってしまう可能性が高いと思います。

我が家の場合は、母国語以外で話す日常が当たり前の状態をキープすることから始めて、子供たちが世の中には「母語」と「外国語」というものがあると理解できるようになった時点(5歳くらい)から、二か国語を自由に操れることはすごいと褒めまくりました(笑)。

子供ですから褒めるとやる気倍増。

小学校高学年と中学生になった今は、バイリンガルであり続けるためには努力が必要であることを本人たちも理解し、ずっとバイリンガルでありたいと望んでいるので、きちんと納得して日々2か国語をキープする努力(いわゆる「余計なこと」ですね)をしています。

まとめ

子供の英語力は、簡単に言えば、「朝起きてから寝るまでの間にどれだけ英語が必要になるか」に左右されると思います。

各家庭で子供に期待するレベルは違うと思いますが、この点を何となく心に留めておくと、サポートする際の基準にしやすいと思います。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ