率直に言って、バイリンガルを目指すにはどんな環境が必要なのか

英語教材や英会話教室などについて調べていると、必ず目にする「バイリンガル」の言葉。わが子が日本語と英語を難なく操れるようになったら素晴らしいとは思うものの、実際に身につけさせるにはどのような環境が必要なのでしょうか。

早く始めることで可能性は間違いなくあるが、同時に現実的になることも必要

日本で、日本語のみを話す両親をもちながら、日英バイリンガルになれる?

不可能ではないと思いますが、時間もお金も相当かける覚悟が必要だと思います。

日英バイリンガルとは、どんなレベルの言語力を言うのでしょうか。私が理解するに・・・

  • 日本語、英語ともに発音はネイティブなみ。ただし語彙、表現は、2言語間にかすかな優劣差がある
  • 日本語での思考スピードと英語での思考スピードとの間に優劣差がない
  • 日本語、英語で読み書きができる。ただし、2言語間に多少の優劣差がある

最低限として、これらを同時に満たせる人ではないかと思います。このような能力を身につけるためには、次の3つが不可欠。

  1. 幼児から、ネイティブスピーカーの話す日本語、英語のシャワーを毎日浴び続ける
  2. 幼児から、日本語、英語のネイティブスピーカーたちと、それぞれの言語を使い分けて、どちらも同量程度ずつコミュニケーションを取る
  3. 幼児から、日本語、英語の文字に触れ、発育段階に応じて徐々に高度な内容を日常ベースで提供してくれるソース(提供源)を持つ

3歳、4歳になってから英語を身につけてバイリンガルになるなど、いろいろな言語教育パターンがあると思いますが、本人が最も苦労を感じずに2言語を身につけていく(0歳児スタート)というパターンなら、この3つの言語環境は必須ではないかと思います。

それではこの3つを、日本で日本語モノリンガルの親が与えるためには、どうしたらいいでしょうか。

1は、英語教材で間に合いそうです。

2も、利用頻度をかなり高くする必要があると思いますが、英語教室、英会話スクール、オンライン英会話などでなんとかなるかもしれません。

3は、しっかりバイリンガルにするには、せめて高校卒業くらいまでは、積極的な英語環境を整えてあげることが必要です。つまり、私たちが日本語で授業を受けたり、大人や友だちと話したり、テレビを見たり、ラジオを聞いたり、本を読んだり、音楽を聴いたりして語彙や表現を増やしていったように、英語でも同様の環境を用意してあげる必要があります。言い換えるなら、「幼児教育に限定されず、長期にわたって英語をネイティブとする人間との関わり(子供が英語を使って何かする環境)が必要」となるのです。これは、かなり難しいですよね。

国際結婚で片親が英語圏の人であるとか、日本人の両親が英語圏で暮らしてその子供が現地校へ通っているなどの例が、一番わかりやすいでしょうか。それでも、この2つの環境にある子供たち全員が自然とバイリンガルになるわけではありません。必ずそこには、親の必死のサポートがあります。ですから、これと同じような環境を日本で日本人の親が用意するには、相当の覚悟が必要と言っていいと思います。

子供に求める英語力は本当に「バイリンガル」なのか

ひとたび子供をバイリンガルにすると決めたら、目的に向かって家族で協力し、ひたすら突き進むことになります。親は、良質な英語教材、日常的な英語環境などを整え、十分サポートしてあげてください。

これは経済的にも、時間的にも、大変なことです。ですから、始める前に必ず、果たして本当に子供をバイリンガルにする必要があるのか、ご夫婦でじっくり考えてからスタートすることが大切ではないかと思います。グローバルな時代とはいえ、いえ、そういう時代だからこそ、日本生まれの日本人が日本語アクセントで英語を話すのは、決して恥ずべき事ではありません。言いたいことを少し考えてから英語で話すことも、まったく問題ないと思います。母国語の違う者同士が英語を共通語にして話すのですから、逆に、みんながみんな英語ネイティブのように話すほうが不自然です。

まとめ

何よりも大切なのは、子供が日本人らしく、元気で素直にやさしく育つことです。英語はあくまでその子供の付加要素であり、できればすばらしいですが、絶対不可欠なものではないのです。自分の夢や希望を子供に押し付けていないか、冷静に考えてみてください。そのうえで、やはりどうしてもバイリンガルにということであれば、いかに子供が楽しみながら英語を身につけていけるかに焦点をあてて、親として全力投球してあげてください!

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ